2017年02月22日

流動体について

小沢健二、19年ぶりのシングル「流動体について」を購入。

ジャケットは小沢健二が、自分の子供を撮影したものと記載されているが

なんとなく、色合い的に『球体の奏でる音楽』のジャケットを連想してしまう。


流動体について





タイトル曲は『LIFE』収録の「僕らが旅に出る理由」に曲調が似ていて、

カップリングの「神秘的」は「おやすみなさい、仔猫ちゃん」のようだ。

つまり、2曲とも、なんだかよく分からなかった一時の超難解期を抜けて

ポップスとして成立していて、いい曲だった。

フリッパーズ・ギターで聴いたエレキの音がしたのも良かったし、リズムは

森俊之なので、打ち込み好きにも持って来い。

スペシャルサンクスには、数少ない名前が記載されていたが、その一つに

Sekai No Owariが挙げられていたのは、意外な事実。

ずっと追っかけているファンなら接点を知っているのだろうが、私は分からない。


球体の奏でる音楽





転機はスカパラのドラマー、青木達之の死であったのかもしれないと思う。

『球体の奏でる音楽』(1996年)を初めて聴いた時は、もうこれは「お別れ」の調べだなあ

この人は、どこかに旅立っちゃうのだなあと感じ、事実、そのあたりからだんだんと

もう何だか一般的なリスナーには、よく分からない存在になってしまった。

最終シングルが1998年「春にして君を想う」。

で、「犬」と「LIFE」でドラムを叩いていた青木氏の死が1999年。


2児の父となった今、数十周して、原点のらせんの中にまた戻ってきた小沢健二。

『LIFE』ばりのオリジナルアルバムを期待してしまうけれど、また、いつか、ふと

皆の視界から、消えてしまうのだろうか。

小山田圭吾の子供はもうTVに出てしまうような年齢だけれど、2人の息子が、いつか

フリッパーズ・ギターのカバーなんかしたら、きっとその頃、60歳ぐらいの私は、悶死する。


posted by Maron at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

青春の瞬き



紅白で見た椎名林檎の「青春の瞬き」がなんとなく忘れられず、AbletonLiveでイメージを作成してみました。

シンセは殆どソフトのFalconと、あとはNordlead4を数トラック重ねています。

紅白の「NeoTokyo2016」では最後に、英詩でボコーダーっぽい男声コーラスが入るのが特に好きですが、あれはCDには無いんですね。


Bon Voyage [Blu-ray]

新品価格
¥4,375から
(2017/1/9 00:41時点)





Fire TV Stick

新品価格
¥4,980から
(2017/1/9 00:43時点)





バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer. 【CEROレーティング「Z」】 (【数量限定特典】Survival Pack: Shotgun Set 同梱) - PS4

新品価格
¥7,015から
(2017/1/9 00:44時点)






posted by Maron at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

紅白 2016 椎名林檎

2017年 あけましておめでとうございます。

年末2日かけた大掃除も午後には終わり、大晦日の夕方6時半から、「笑ってはいけない科学博士(?)」を見始めたものの、アマゾンでの松ちゃん実験企画「ドキュメンタル」を見たからか、何か面白くない。

最初っからもう全然、普通に笑っているシーンが多く、これって、もうお約束の芸人や俳優が出てくるのを順番に見ていくだけなんだなあと思う。
板尾創路のスケキヨが早々に終わり、田中のタイキック(3回もやられて可哀そうであった)が終わったところで、紅白にチャンネル変え。

で、衝撃を受けたのが椎名林檎の「青春の瞬き −FROM NEO TOKYO 2016−」。

椎名林檎のことは何も知らない。一曲も積極的に聴いたことが無い。
今まで紅白に椎名林檎が出ているのは何度か見ていて、「ああ、あのオリンピックの人」、という程度の認識しか本当に無かったのだけれど、この「青春の瞬き」のライブはなんだか凄かった。

その感じは
20年前にスガシカオのファーストを聴いた時。
更に前、フリッパーズ・ギターのファースト、セカンド、サードを聴いた時。
その更に前、YMOを聴いた時。
ぐらいに。

東京の空撮が「東京スカイツリー」ではなく、「東京タワー」を映していたと思うけど、その映像とコード感やシンセの音色がシンクロして、何か、精神が昭和に持って行かれるような、いま・ここでない何か、がなだれ込んでくるような感覚。

あ、本物の天才なんだ、と遅ればせながら4分間で知った。
(オリンピックにかけて、20時16分から20時20分までだったらしい)

録画なんかしてなかったけど、NHKオンデマンドで15日間、有料だけれど再視聴できるので、明日でももう一度観てみよう。

逆輸入 〜港湾局〜 [ 椎名林檎 ]

価格:3,240円
(2017/1/1 13:59時点)
感想(0件)





posted by Maron at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

今年買って良かったもの 2016

今年買って良かったもの 2016年版です。

第1位は、ダイソン dyson V8 フラフィプラス。
ダイソンの掃除機を持つ人が周りに少しづつ増えてきて、噂には聞いていましたが、これはすごいです。
今まで掃除機がけなんて極力やらなかった自分が、ほぼ毎日、自発的に20分程度、掃除するようになった。

すごい点
@毎回、掃除前にはダストカップを空にしてスタートするが、数分で結構なホコリが溜まっている
 この、取ったゴミの見える化がやる気をアップさせる
Aコードレスなので、パッと掃除が出来る
Bフル充電で20分使えるので、それ以上はしなくてよいという感じで出来る
Cフラフィプラスには、フラフィには無いフトンツールが付いてくるので、レイコップより吸うフトン
 掃除機にもなる(フトンツールのV8用の別売りは無いので注意。あるのはV6だけです)
 こんときは座ってやるので、20分で足りないと思えば、充電コードを挿したままでやればOK。

ダイソン dyson V8 フラフィプラス [ SV10 FF COM ] コードレスクリーナー 掃除機 サイクロン 日本正規品

新品価格
¥68,400から
(2016/12/25 10:44時点)





ダイソン コードレスクリーナー 「Dyson V8 Fluffy+」 SV10FFCOM(送料無料)

価格:73,900円
(2016/12/25 10:40時点)
感想(9件)




間違えて、無印のフラフィやアニマルプロを買わないようにしましょう。
日本での一番の売れ筋はフラフィプラスです。

第2位は、パナソニック ヘアードライヤー ナノケア EH-NA98

2万円弱のドライヤーってどうなの、と思っていました。
ワット数も、昔、3000円ぐらいで買ったドライヤーと同じだし。
が、一度、風呂上りにでも使うと、もう全っ然、そういうものとは違うものだと分かります。

ナノケアEH-NA98とその前のモデル97との違いは、ナノケア部分の出力が20%増しになった点で
それにこだわりが無ければ、少し安い97でもいいかもしれない。

いずれにしても、髪が乾くのがバカみたいに早いのに、つやがあって傷まない。
冷風でナノケアだけを顔に当てるモードもあり、女性に人気です。
妻へのクリスマスプレゼントはこれでしたが、喜んで使っています。
さすがに、ドライヤ―にダイソンはね、という方は是非。

パナソニック ヘアードライヤー(ルージュピンク)Panasonic ナノケア EH-NA98 の限定モデル EH-CNA98-RP

新品価格
¥17,380から
(2016/12/25 13:58時点)





【送料無料】パナソニック ヘアードライヤー ナノケア ルージュピンク EH-CNA98-RP [EHCNA98RP]

価格:17,380円
(2016/12/25 14:06時点)
感想(1件)





第3位は、UVI FALCON

METAFIVEの砂原良徳が今、一押しのUVI。
テイ・トウワがデフォルトで使用しているソフトシンセということでも有名なFALCON。
この2人が絡むなら、どうしても買ってしまう1本。

私はブラックフライデーで値引きされている時に買い、おまけで付いてくる100jのバウチャーでアナログシンセ群山盛りのパック(アンソロジー2)を買いました。

普通の減算式のシンセ(オシレータの波形をフィルターで削って、アンプを設定という感じ)ではなく、テーブルも使えたり、FM音源もあったりと、音作りとしては難しい部類に入ると思います。
まだこれは買ったばかりで、プリセットをいじっているだけですが、飛び道具的な音もありながら、良い音が多く、確実にずっと残る楽器となりそうです。

UVI FALCON (オンライン納品専用) ※代金引換はご利用頂けません。【送料無料】

価格:37,800円
(2016/12/25 14:07時点)
感想(0件)





Falcon -シンセ音源-

新品価格
¥37,800から
(2016/12/25 14:15時点)




専用パックのアナログとスペクターも買っておきたい。
今なら、H29年1月2日まで、30$か50$分のクーポンも付きますので、年末年始のホリデーディスカウントもお得。


posted by Maron at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

METAFIVE WHITEOUT COVER



リズムを聴きなおして、少し修正しましたので、再アップします。

S1と往復させようかと思いましたが、思っただけで終わりました。
でも、エレピの音はS1の方が良かった気がするので、これから中学に入ってもがんばっていこうと思いました。

スクリーンショット 2016-12-24 23.17.38.png

この曲もそうですが真似をする時は、一番上に本家のMP3を貼って、それを聴きながら打ち込みしています。


posted by Maron at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

METAFIVE「WHITEOUT」



METAFIVE、WHITEOUTのぼんやりイメージカバー。
砂原良徳独特のコード感で、下げて、そこから広がる感じが心地よい曲です。
オリエンタルで、単純で、でもカッコいい4音のメロディはどこか中国女を思い起こさせます。

StudioOne3でやってみたかったのですが、このソフトは無理かもしれない。
結局全てをAbletonLive9で作成しました。
が、今回はクリップ画面の方で一音も作成せず、横に流れる普通のDAWの画面の方だけで作ったというのが、ちょっと変わったところです。

StudioOne3の無理かもしれないところ
・プラグインのオートメーションのためにトラックを作らないといけない。Liveだと自動でそのトラックに連なるから、そんなものは作らなくてよい。
・そのオートメーションがすごく書きにくい。ちょっとしたマウス操作で、間違ってトラック終わりまで書いてしまう。
・再生・停止ボタンが画面下なので、必ず何かのプラグインで見えなくなる。
・キーボードショートカットの量が異常に多い(参考書を買ったけど覚えられない)
・オーディオをテンポに自動で追従させるのに、色々やらないといけない。LiveだとD&Dで済む
・mp3が読めない。いちいちWAVに変換しないといけない
・ちょっとオーディオファイルを触ると、すぐに分割されていく
・右クリックで出るメニューが異常に多い
・最初に適当に曲名を付けないと初期画面が開かない
・melodyneが何のために入っているのか、よく分からない
・音が途中で切れることが多い。Liveでは過去一回も無い
・何かWindowsのソフトっぽい

StudioOne3のいいところ
・プラグインでいくつか面白いものがある(モジュレーション系、ディレイ系)
・NoteFxが抜群に面白い(coderやアルペジエータなど)
・ドラム音源が良い
・サンプラーも良い

ということで、メインで使う根気はありませんが、S1で作りはじめて、Liveに持っていくというのがいいかもしれない。あるいはその逆でも。


posted by Maron at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

LIGHT IN DARKNESS - YMO



初めてSTUDIO ONE 3で一曲ミックスダウンをしてみました。
なんか曲の最後に音が残るのがよく分かりません。

このソフトの一番使いにくいところは、トランケートのパネルが画面下にあること。
プラグインを下にずらすことはあっても上にずらすことはないので、作業中、再生ボタンや停止ボタンが100%隠れるのがすごく無駄。
これは普通、上にないといけないと思いますが、レイアウトは変えられないみたいなので、キーボード操作になれないといけないようです。

あと、3.2から3.3にバージョンをあげると、いきなりデモ版に戻るのもよく分からない。
アクティベーションしたら直りましたが、色々バグっぽいのが残っているので、なんか怖い。






posted by Maron at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

The First Step



この前にブラックフライデーのセールで、UVIのFALCONとPRESONUSのSTUDIO ONE 3(クロスグレード版)を買いました。
FALCONに付いてきた100ドルのバウチャー、VP-330のアンサンブル目当てで、SYNTH ANTHOLOGYUを買いましたが、パッチが多すぎで混乱してしまう。
もう少し考えて使えば良かったかもしれない。
でもどのシンセも全部、高品質なサンプリングなので、確実に「あのシンセ」の音がするのはいい。

ちなみにこの曲は今まで通り、S1ではなくAbletonLive9で作成。

サウンドハウス



エレコムダイレクトショップ






posted by Maron at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

KRAFTWERK THE ROBOTS



少し作り直しをしたので再アップ。
立花ハジメの「ROCK(YEN卒業記念のREMIX)」からスネアだけサンプリングしていますが、全然分かりません。
ROCKのREMIXは、当時全然分かりませんでしたが、今聴くと、ほとんどクラフトワークの音になっていますね。


posted by Maron at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

THE ROBOTS - KRAFTWERK



また今度やり直そう。
出だしと中間のビヨーン、という音はMATRIX-1000の85番です。


それはさておき、

宮崎駿の密着取材番組(たまにやるアレ)が先日、NHKで放送されていて、そこでドワンゴのアニメ(AIが学習した気持ち悪い動きをする)を見た監督が、みるみる不機嫌になったかと思うと、「生命に対する侮辱を感じる」と、すさまじい正論を述べて、得意げに喋っていた川上会長を小学生のような泣きべそにしてしまった様がなかなか爽快でした。

スカッとジャパンという番組があるけれど、あれのリアル版でしたね。



42分あたりから、机の反対側で心配そうに見ているCGアニメーター櫻木氏の表情が、監督が爆発するかどうかハラハラしている我々の心境とダブっていたりして、何か久しぶりによいものを見たと思いました。

思えば、宮崎アニメの大きなテーマは、生命への讃歌でありました。
ドワンゴAIの目指すところは、コンピュータが自動で絵を描くシステムだそうですが、身体性と想像力を欠いた理念をベースとした人工知能の行く先にあるものは、かのナウシカの巨新兵を生んだ前文明と同じ、自己に折れ込む決定的な損ないを生むのでしょう。

前述のアニメのキャラを、ドワンゴ会長は「ゾンビゲームで鉄砲の的にする」というのですが、自分が笑うようには、ジブリサイドに笑いは起きず、バカじゃないの? という空気が支配しているうちはまだよいのですが、恐らく、このプレゼンと同じものを過去見てきた他の企業の方々は、川上量生会長と一緒にヘラヘラと笑っていたのかもしれません。


posted by Maron at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする