2016年09月19日

MACROMIND



福富幸宏の1st「LOVE VIBES」より、「MACROMIND」のカバー。
ディレイが深くて長くて分からないところは聴こえるようにしたけど、やはりよく分からない。
通して聴かないので、オクターブ違いもなかなか気づかず。
これを速くして、ハウスに乗せたのが「MICROMIND」。

作業中は全パートをずっとピアノで打ち込んでいたので、あとになって音色をあてるのにすごく苦労しました。
部分的なリピートをAbletonLiveで繰り返し、クリップを使わない横長画面で打ち込んだら大変だったので、こういうカバーや耳コピをしたい人はLiveじゃない方がいいと思います。

私はCubaseを昔買って、各トラックにある、”小さいのに重要なボタン”の多さが大嫌いになったのですが、初めて、アレの方が楽だろうなあと思った。

リズムはあの機械音の感じが出ないので、あえてマネせず。
でも、YMOの「エピローグ」からサンプリングした機械音を聴きながらやっていたので、うっすらとその名残りがあります。


posted by Maron at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。