2018年05月06日

Capchii Illumination Street カバー再アップ



一部、サンプルのキーが合っていなかったので、そのあたりを直して、あと何箇所かブレイクっぽく音抜きをして

やり直しをしました。

音雲にPrivateでUpした曲を聴きなおすと、たいていどっかおかしいのが分かるのですが、これはDAWのI/Oからの出力だけ聴いて、OKかなと思っていましたが、全体に4度半ぐらい落とすと合いました。
(アカペラのサンプルをぶつ切りにして、サンプラーに並べた)


Future Bass特有の、半音づつ下がっていく進行にベースとバスドラを重ねる部分が気に入って、なんどか繰り返しています。

「せーの」の掛け声は、AireさんのTeaTimeを聴いて、絶対はまると思っていろいろ探し回ったものを使用。
元気よすぎかも。





posted by Maron at 22:17| Comment(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニマルテクノアルバムを発売した(TR-909愛)




昨年夏ぐらいから書き溜めていたミニマルトラックを中心にアルバムを組んでみました。

これ以外にも、作っては録り、を繰り返していたので、曲はたくさんあり、時間があればまた足すかもしれませんが、

自分でも結構気に入ったものと、音雲でドイツのミニマリスト、Snoodさんがコメントをくれた曲を揃えてみました。とりあえず13曲入り300円。
(24bit 48Khz or 44.1Khz WAV形式)

作ったコストは計り知れませんが、そんなことより、ヘッドホンでミニマルトラック、今ならFutureBassを作っている時間に勝る贅沢はないと思う。



posted by Maron at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Capchii「Illumination Streets」カバー




Capchiiさんが「Illumination Streets」が出来るまで、を説明しているサイトを見ながら作ったもの。

ピアノロール画面を混ぜて説明してあるので、コードやアルペジオのパターンなど分かりやすくなっています。

最後にMIDIデータまで用意されていて、こんな親切なサイトはきっと他にないだろう。

が、私は途中まで読んで、自己流に打ち込んでいたので、結構どうしようもないところまできてベースを差し替えたりしました。

どうすれば、こういうかわいい感じと「タメ」を作れるのか、MIDIデータ見ながら考えます。



posted by Maron at 12:01| Comment(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。