2009年09月23日

ブセナテラス

というわけで、ブセナテラスレビュー第1回です。

busena.jpg
ブセナテラス エントランスロビー。

到着したのは夜11時を回っていたので、窓の外は真っ暗です。
ここでウェルカムドリンクをもらいつつ、書類に必要事項を記載しサインします。


busena_FURO.jpg
部屋のシャワー、お風呂、洗面所、トイレ

泊まった部屋は2階建てのメゾネットタイプで、上の階がリビング的なフロア。ベッドは下の階にあります。
テレビは日立のWoooでしたが何故かアナログ放送で、上下のフロアとも各1台づつ付いています。

バスタブは写真から見えませんが、ブラインドの向こう側すぐ下にあります。160サイズぐらいで、かなりゆったりしています。
当然ながら各種アメニティも充実しています。


busena_key.jpg
部屋の鍵と魚のキーホルダー

このキーホルダーは実物と同じサイズからミニチュア版まで、ホテル3Fのスーベニアショップで買えます。
ちょっとかさばりますが失くさないし、カード式よりぐっと趣きがありますね。



busena_Beach.jpg
エレベーター前のロビーからの眺め

手前にプールがあり、向こうにはプライベートビーチが見えます。
写真では見えませんが、大人プールの下の段には子供連れ向けのちょっと浅めのプールもあります。
小さいウォータースライダーが付いていて、おっさんが子供と遊ぶのには最適です。
(その奥にはさらに屋内プールもあり。)

客層は30代半ばの小さい子連れがかなり多く、全体には20代後半から40代が中心のようです。
もちろんそれ以上の熟年〜老年のご夫婦も結構おられましたが、比較的若めの客が多いようです。



busena_pool.jpg
プールまで降りてきたところ

夕刻になると、ここでサックスの生演奏が行われていました。
プールサイドにはバーとスナックを出すお店が上・下2か所あり、各種トロピカルドリンクや軽食を楽しめます。
部屋ツケにしておけば、現金を持ち歩く必要はありません。

フードのついたバスローブのようなものが部屋にあり、それを上に着ていれば、ホテル内は水着で歩き回ってもよいルールです。
タオルは部屋にはバス用のものしかないので、プールやビーチ用には茶色のタオルをプール下のアクティビティカウンターで借りることが出来ます。
なのでタオルを持っていく必要もありません。


busena_asagao.jpg
プライベートビーチ沿いに数分あるいたところ


泳いでよいエリアはネットで囲ってあるので、それ以外のところで泳ぐことは出来ません。
ネットで囲ってあるということは、その目をくぐれるような魚しか、その中にいないということで、たぶん生き物を殆ど目にする機会は無いでしょう。
見た限り、ここに限らずビーチと名のつくところはどこもネットでガードしてあるので、危険な生物の多い亜熱帯の海ですが、まあ安心といえば安心です。


ということで、つづきます・・・



posted by Maron at 12:15| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ザ・ブセナテラスの宿泊記2
Excerpt: ザ・ブセナテラス 公式サイト〒905-0026沖縄県名護市喜瀬1808TEL 0980-51-1333FAX 0980-51-1331エグゼクティブフロア特集 ザ・ブセナテラス ザ・ブセナテ...
Weblog: 高級ホテル宿泊記リンク集
Tracked: 2009-09-26 23:13

役立つブログまとめ(国内旅行): ザ・ブセナテラス〔沖縄県〕 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「ザ・ブセナテラス〔沖縄県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿..
Weblog: 役立つブログまとめ(国内旅行)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2009-11-02 07:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。