2010年10月11日

NEX-5+SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS

NEX-5を携えて、二度目のとのみね(砥峰)高原へ。

今回は峰山高原ホテル リラクシアに泊りです。

DSC001500001.JPG
写真は全てNEX-5+SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS

外で本格的に使うNEX-5とSONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSSの組み合わせは、なかなか良好でした。

IXYなどのコンデジとは全く異質の感触で、気持ち良いシャッター音とともにサクサク撮れるし、パノラマ撮影は楽しいし、やっぱり面白いカメラです。

途中、嫁に渡して好きに撮っていましたが、女性にも良く似合います。

DSC001860001.JPG

私はD200+レンズバッグ(4本入)とNEXの両方を持って、高原の遊歩道を回り切ったので、交流館に戻った時にはちょっとした放心状態になりましたが・・

DSC002130001.JPG

NEXのデメリットといえば、やはり液晶でのフレーミングでしょうね。
逆光気味に撮る場合など特に、何が枠に入っているか、液晶画面ではよく分かりません。
撮って、手元で再生してOKかどうかジャッジ(面倒になるとこれはパスして、適当にずらして撮っておく)、という感じ。
あとは意外に、E 16mm F2.8が面白くない、というか、まあいたって普通なレンズだということです。


DSC002710001.JPG


18-55mmはレンズがやや出っ張るのですが、絵的にはこちらが面白く、16mmは今回のような風景だと、そんなに広角! って感じの結果は出ず、思ったより面白みに欠けるなあという印象でした。
これはフィッシュアイコンバーターVLC-ECF1や、ワイドコンバーターなどを付ける前提で持つべきでしょうね。

心配していたバッテリーは、2日間でJPEGと一部RAW、ビデオなど400枚ほどを撮ってもまだ余裕でした。
充電出来る環境に泊るなら、予備バッテリーはいらないと思いますが、大容量メモリでもっと撮る方はもちろん持って置くに越したことはありません。

DSC002410001.JPG

今回泊ったリラクシアさんは、こじんまりと上品な感じにまとまった、なかなか良いホテルです。
温泉がそんなに熱くないので、露天風呂に長く浸かれ、とても爽快でした。

村上春樹の本をフロントで貸してくれるので、私は「ノルウェイの森」を借り、下巻を寝ながら読みました。
たまに文庫を1ページだけとか、開く時もありますが、まとまって読むのは20年ぶりぐらいです。




ソニー α NEX-5D ダブルレンズキット シルバー《デジカメオンライン》 価格66,000円 (税込) 送料込は楽天最安!


posted by Maron at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | NEX-5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。