2006年09月10日

MPC4000再始動

MPC4000.JPGMyRoomにはこういうものが以前から鎮座しておりまして、そう、AKAIのMPC4000です。

とても大きいんですよ。

今はMPC4000BL PLUSという青パネルの機種のみ生産されていますが、ちょっと前はこの白バージョンでした。オプションで80GBのHDDとCD-RW、8パラアウトボード(IB-48P)を積んであります。
メモリは汎用のDIMMが使えるので512MB挿しています。
OSとドライバは日本の赤井からはダウンロードできないのでここから落としましょう。

この1年ぐらい、「上に何かを置く台」以外、全く何も機能していませんでしたが、ふと電源をONしてみるとこれが楽しいんです。没頭するとあっという間に時間が経ってしまうので、なんとなく避けていたんですよね。

でサクッと作ってみたのがコレ。(テンポが異常に速い場合、DLボタンから聴いて下さい)



ターンテーブル→MPC4000→UA-25→Ableton Liveという流れだけ、というめちゃシンプルな構成ですが、以前はシンセ・音源モジュールだらけで、シールドがスパゲッティ状態だったので、こんなもんでいいかなと思っています。

昔と違って今は、DTM、特にダンス系をやる人は選択肢がありすぎて迷うでしょうね。
昨日、サンレコとGrooveを読んでいてそう思いました。

僕の始めた頃(15年以上前)は、とりあえずMac必須で、あとはPerformerかVisionを買うぐらいしか考えること無かったもんな。




posted by Maron at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | MIX-UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。