2006年09月14日

My Own Work Part2

というわけで、「サンレコはたき事件」以来、電子楽器への興味が尽きませんが、自作曲Part2です。

(BPMが異常に速い場合、DLボタンからお聴き下さい)

シーケンスは完全にMPC4000だけで組んで、Q-LINKノブ(本体左側のアレ)でシンセのフィルターを動かしています。

AbletonのLiveに録音して聴いている間は、むっちりしていい感じになっている(と思う)のですが、WAVEに書き出して聴くと、空気の抜けたボールみたいにヘナヘナになってしまうのは、どうすればいいんだろう。

さらにMP3にエンコードすると、もうAMラジオの時間になってしまうのは更にどうすればいいんでしょう。

AudioインターフェイスはUA-25しかありません。
どうすればむっちりとしたWAVEを作れるか、どなたか教えて下さい。


posted by Maron at 21:46| Comment(0) | TrackBack(1) | MIX-UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ヤマハギター LL66 Custom
Excerpt: ヤマハLLシリーズのアコースティックギター LL66 Custom 希望小売価格はすさまじい数字になっちゃいますが、 このギター、価格に見合う音をお届けします。 892,500円 その他の..
Weblog: アコースティックギター選びのノウハウ
Tracked: 2006-09-15 02:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。