2018年01月13日

Acid SimSTIM



サウンドクラウドは、最初のアカウントが時間いっぱいになったので、2つ目のアカウントを作成しました。

classic sound design +++ remembers me on very old mills tracks +++

と、ほぼ唯一、よくサウンドクラウド上にコメントをくれるドイツのsmoodさんが書いてくれましたが、まさに
Axis時代のJeff Millsのイメージして作成したトラックです。

ベースは普通のX0XB0X(BA662チップでない)をリアルタイムにTweakしたものをLiveに録音し、パッドはUVIのソフトシンセを乗せたのみ。
ドラムはJOMOXのAirBaseを使おうと思いながら電源を入れるに至らず、Liveのドラムマシンの何かで、一部をLofiにしました。

で、時間をおいて聴きなおすとだいたいはおかしいので、ミックスダウン後に一晩置き、翌日に一部足し引きし、短く仕上げました。

Jeff MillsのDVDを観ると、一曲仕上げたら続きから、ほとんど何も考えずに、次の曲を作成しているので、Liveにしても、前の続きからまた違うフレーズを入れていくと、いくらでも作れる気がします。

今は、10年ぐらい昔のDTMマガジンを読みながら、中田ヤスタカ風の音を作れないか模索中という、10年〜20年ぐらいズレたことをしています。


posted by Maron at 22:30| Comment(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: