2018年02月25日

Hello Capsule



Capsuleの小名曲カバー。
Cubaseで作り始め、Liveで終わらせました。
MIKUは英語ライブラリーを使用。

Liveのオーディオ−MIDIのシームレス感は、Cubaseでは得られないものです。
Cubaseはいまだに長いWAVをテンポに追従させる方法がよく分からない。

LiveだとD&Dで一瞬でWAVがワープするので、テンポを変えても絶対にずれない。
LIVEだとどんなWAVもハーモニーでMIDI変換でき、手順も右クリックひとつで終わるけど、Cubaseのバリーディオは基本ボーカルの音程修正目的なので、単音変換しかできないし、手順もまだるっこしい。

が音はCubaseの方がいいかもしれない。


posted by Maron at 20:37| Comment(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: