2014年02月08日

イヴォーク

http://www.asahi.com/articles/ASG247W4PG24TIPE03J.html

4日夜の福岡・天神での暴走車が、どう見ても残念なことにイヴォーク。

我が家のは、先日、ディーラーで無事に1年点検を終え、オイル類も交換して快調です。

長野県には山登りで5、6回行ったので、その往復の足に使っていますが、この間ノントラブル。

ノーマルでも結構雪道行けます。

依然、市中でほとんど見ませんが、まさかこんなところに出てくるとは。


posted by Maron at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | EVOQUE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

EVOQUEの101個目の賞

EVOQUEが2012年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー・デザイン賞を受賞したことを以前書きましたが
なんとこれが、このクルマが受賞した101個目の賞となるそうです。

一覧はこちら

細かいものから、そこそこ値打ちのありそうな賞まで、まあ色々とあるもんですね。

これは、やはり、価格面が大きいのでしょう。
あれで800万とかなら、やっぱりそりゃイイよね、で終わると思うんです。

オプションなんだかんだで、最終額は相当になってしまいましたが、私もしかし、PUREが450万始まりでなければ買ってないもの。

ぼちぼち納車されている方もあるようですが、今乗っている方というのも昨年からの予約組でしょうから、結構待った結果なんですよね。

最近はトヨタの新型86もボチボチ見受けられるようになりました。

といってもスバルのBRZとパッと見、区別つきませんが。

まあ、どっちも春らしくていいんじゃないでしょうか。


posted by Maron at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | EVOQUE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

大友克洋

BRUTUS.jpg

BRUTUSで大友克洋特集ということで、何となく購入。

AKIRA以来の週刊連載がはじまる&東京のみで原画展を行うらしいです。

氏の画法を解説したページが一番面白かった。

「童夢」久しぶりに読み返したくなったなあ。


唯一、ホンモノ(超電導ということでなく、大友克洋公認のという意味で)の、金田バイクを作ったNEO-FUKUOKA BSUも見開きで掲載。

ちなみにあのバイク、1000万かかったんだそうな。

原画展でも展示されるらしいので、実車を見たい方はどうぞ。

僕はもうちょっとアキラとか、サイバーとかそういうのは今は勘弁。



EVOQUE.jpg

同じ号の中でEVOQUEが紹介されていました。

何故か魚河岸に停められた黒EVOQUE。

そういえば、WCOTY2012(ワールドカーオブザイヤー)のDESIGN部門を受賞したとか。

過去の受賞クルマにはアウディTT、R8、フィアット500なんてのが並ぶんだから、まあ大したもんです、というか、あれだけキレたデザインなんだから当然だろう。

しっかし、私のはまだ作り始めてもないんだよなあ。

1月納車ってほんと遠いですが、心のどこかで、恐らくぐっと早まるのではないかと期待しています。


posted by Maron at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | EVOQUE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

この時期のお買いもの レンジローバーEvoque


ポルシェボクスターを昨年夏に売却して、スバルのステーションワゴンで過ごしながら、何となくもう一度、987ボクスターの良い中古があれば乗ってみたいと、色々なサイトを見て回るうちに、ふと一台のクルマが目にとまります。

その名はレンジローバーEvoque(イヴォーク)

そのルックスにまず興味を覚え、3月3日に日本発売されるということで、早速当日にディーラーに赴いて試乗をし、そのまま購入を決定。

といっても日本への割り当ては年に500台ぐらいらしく、すでに同じ数ぐらいの予約があるということで、年内納車はどうも無理らしいです。

その後、レンジローバーの工場でイヴォークを三交代24時間体制で生産すべく、1000人の雇用があったことなどがニュースになり、生産ピッチは早まったようですが、なんせ日本割り当て数が増えない限りは、納車時期については結局同じ模様。

国内のディーラーがもっと強く発言してくれればよいのですが、どうなんでしょうね。




私がオーダーしたのは5ドアのPUREグレードで、2つあるオプションパックを付けています。

色は非常に悩みましたが、結局フジホワイトで屋根も同色。

いくつかある黒は、色味の違いがよく分からないので、オーダーするに躊躇してしまい、まあ、白で外すことはなく、どうせ長く乗るだろうから、飽きない色としました。

車格は全然違うんですが、例えばボディ赤で屋根白とすると、何となくBMWミニみたいになるんです。

ミニのクロスオーバーも最近よく見かけるようになりましたが、ついイヴォークを思い浮かべてしまう。




試乗したのは3ドアクーペの上のグレードで、タイヤは20インチ。

乗ってすぐ、頭の上の余裕が意外にあんまり無いことと、シートベルトの位置がシートよりかなり右後ろなので、かなり体をねじらないと引き出せない点に違和感を覚えましたが、走りだしてしまえば、まあ、あまり関係なし。

4気筒のターボということで、過不足のない加速感が心地良く、ハンドルの反応も良好。

パドルシフトもハンドルと一緒に回るタイプなので使いやすく、これはポイント高いです。


インテリアはこの価格帯のクルマにしては(?)、かなり上等で、皮シートのステッチもかなりオシャレ。

少なくともポルシェのチャチな内装とは比べるべくもないです。

ボクスターのウインカーレバーやワイパーレバーなんて、ダイハツの軽自動車なみですからね。


USBメモリやipod、AUXなどを挿すポートが最初からセンターについているのも今風。

ちなみにUSBのMP4ビデオは、正面の液晶画面で観ることも出来るようです。


後方視界も思ったほど悪くは無いので、気になる方は試乗をお勧めします。

出来るだけ日本の購入者が増えれば、本国もその気になって、納期も早まらないかなあと期待しています。


posted by Maron at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | EVOQUE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする