2014年02月23日

DJ Shifteeの言葉

DJ機材に限らず、なんでもそうですが、どんどんと多機能な新機種が発売され、つい目移りしてしまう中、いかに自分のスタイルを作っていくか、PowerDJ’sBlogPlus+の新年の記事で、DJ Shiftee氏がこのように語っています。

http://shop.plaza.rakuten.co.jp/dj/diary/detail/201401030000


Power DJ's:
10年ぐらいでDJ機材はものすごく種類が増えまして、その中で自分のスタイルを見つけるためにはいろいろと大変になってますよね。それを克服するためにはどうすれば良いと思いますか?


DJ Shiftee:
DJ機器を売っている方にこういうことを言うのはちょっと失礼かもしれませんけれども、まず最初にアドバイスしたいのは、これだけ多様な機材がある中、あれもこれも買おうと思いがちですが、私が信じているのは、道具をまずマスターしようということ。

まず一つか二つを選んでそれを可能な限り限界まで頑張る。そして時間もかける。やれる限りのことをそこでやってさらにその限界を超えてみる。自分のツールそのものの限界に達した時にこそ、そこから拡大、拡張していくことが必要になってくると思います。

私の生徒の中でスクラッチを勉強している学生の中には、15年間ミックスを続けてきた人がいます。つまり15年間ミックスをやってきてそこからさらにスクラッチへと拡張していきたいという意思をもって私を訪れてきてくれたわけです。
私自身も6、7年はレコードしか使ってませんでした。それだけで限界まで努力しましたし、デジタルを使い始めた後もコントローラーを付け足すのは数年待ちました。

一度決意してコントローラーを導入した時はCUEポイントしか使わないと一年間過ごしてきた。
それがだんだん板について身についてきた時に、そこでこれは限界までやっているなと手ごたえがその時に拡張していく。

だから新たに自分のスタイルを模索している人にアドバイスできるのは、我慢する、辛抱する、そして継続していくということ。そしてとにかく機材や機能はまず一つ選ぶ。そしてそれを磨いていくということです。






ということで、今、手元にあるものを極めるまで頑張ろうと思った今年の出だし。

そうはいっても間違った道を極めてもアレなので、E-M1は売却(電子的に多機能すぎ。かつ、その割にバッテリーが弱すぎ)し、ニコンの某一眼を購入。

音楽機材も一部売却してますが、もっとシンプルにして、残ったものとじっくり付き合いたい。


posted by Maron at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | OM-D E-M1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

E-M1のこと

SNOW.jpg

E-M1の弱点はバッテリー。

液晶をOFFにしていても、EVFが電池を食うので、撮っては保存確認して電源OFF、を繰り返しても、雪山では260枚でバッテリー1個おしまい。
寒いとはいえ、いくらなんでも少ないだろう。

なので、カメラ内RAW画像の編集などの機能が付いていたとしても、旅先ではそういったモノで遊んでいる電池的余裕は無い。
1泊2日でも予備バッテリーが確実に最低1つ、出来れば2つ要る。
うっかり再生して過去写真を見ているとガンガン電池が減るし、残量表示は三段階だから、まだ大丈夫と思ってもいきなりゼロになる感覚。

あと何か腑に落ちないのが、シーンセレクトAE(よくある風景とか花火、ビーチとかのセレクタ)と、トイフォトとかのアートフィルター。フラッグシップ機にもこういうのが要るのか。
パノラマ機能が付かなったのが不幸中の幸い。

見た目が好きで買ったのですが、バッテリーのところからしっくりこなくなったので、私は売却してしまいました。
やっぱりOVFが簡単、シンプルでいいなあ。


posted by Maron at 22:13| Comment(0) | TrackBack(1) | OM-D E-M1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

M.ZUIKO ED 75-300mm F4.8-6.7

M.ZUIKO DIGITALの75-300oというレンズを買い足してみました。

35o換算で150-600oという超望遠レンズで、そんなもん何に使うんだという感じですが、夜景がどんなもんかを試してみました。

P1010049.jpg

PC画面サイズで見ると、結構キレイです。
実寸に伸ばすと、長時間露光の熱ノイズが乗っているのが分かりますが、全然許容範囲内です。

↓上の黒いのは電線です

P1010045.jpg


全ての操作はiphone5s上のリモコンアプリでやってみました。

PASM設定から何から、撮影画面をWIFIでiphoneに写しながら、全部コントロールできてしまうので、寒い屋外にカメラだけを置いて、自分は室内から操作、ということも出来てしまいます。

OIS.jpg


手持ち夜景モードでも撮りましたが、ブレ補正がかなり効くので三脚なしで結構キレイに撮れます。
このカメラはなんとなく軟派な機能が山盛りなんですが、プロ受けするのが面白いですね。

あとは動きものが撮れればいいんですが、これはどうだろう。
色々と挑戦しがいのあるカメラです。


posted by Maron at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | OM-D E-M1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

嫁バレ

PC220192.jpg

昨日モーターショーの会場で、そんなカメラ持ってたっけ? とついに嫁バレ。

前に持ってたのは肩ヒモにCanonって書いてあったのに、ふと見るとOlympusって書いてあるというところで気づいたらしい。
そりゃばれるわいな。

E-M1_KISSX4.jpg

そのCanon KissX4との比較
X4は山に持っていく用に小さくて軽いものを、と考えて買ったのですが、E-M1はさらに小さい。薄い。



E-M1.jpg

デザイン的に好きなのは、右のグリップ周りで、とくにこのせり出す角度とか、なにか松本零士的なものを感じる。



日本カメラ.jpg

「日本カメラ」ではE-M1がベストカメラ2013の1位に選ばれていますが、新年1月号ではそんなE-M1関係の記事が目白押しです。

フォーサーズなんて、しょせんフルサイズのサブ機っていう位置づけであったのが、マイクロフォーサーズになってさらに小型軽量化して、さらにE-M1のような完成度で来れば、もはやこれだけでいけるんじゃないか、という意見が多いようです。

プロは嘘は(たぶんあまり目立つところでは)つかないと思うので、
・カメラが大きいほどクライアントの信頼感にも繋がる
・カメラの大きさは撮影者の本気度を推し量る指標
であった撮影現場にクライアントが来ないなら、本音では、もうE-M1でいいらしい。


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 12-40mm F2.8 レンズキット ブラック 防塵 防滴 OM-D E-M1 12-40mmF2.8LKIT





《新品》 OLYMPUS(オリンパス) 自分へのご褒美コース OM-D E-M1[デジタルカメラ]





posted by Maron at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | OM-D E-M1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

大阪モーターショー2013

PC210050.jpg

Audi R8 スパイダーを買いました。


はい、嘘です。
大阪モーターショーの1コマです。

ちなみに写真はすべてオリンパスOM-D E-M1で撮りました。
テスト以外の撮影は初めてですが、軽くて楽でした。


PC210028.jpg

トヨタのハイテク3輪車 FV2


PC210045.jpg

ランドローバー レンジローバー イヴォーク
フロントのデザインが変更され、角ばった感じが消えました。
私は自分の買ったデザインが圧倒的に好きです。


PC210118.jpg

BMW i8
トヨタのLFAやホンダのNSXと同じくらいに人気でした


PC210105.jpg

自衛隊の装甲車
ゆるキャラのまもるくんもいました


PC210154.jpg

ホンダ 新型NSX


PC210132.jpg

三菱のエコなSUVコンセプト XR-PHEV
横のシルエットがまんまイヴォーク
リアの視界ほとんどゼロ



PC210081.jpg

コルベット
バカっぽくもカッコいい1台



PC210170.jpg

一番奥の6号館、超満腹帝国の様子。
ご当地B級グルメがすさまじい数で出店しています。
建物内にもうもうと煙というか、さまざまな匂いが立ち込めています。
川越オムそばというものを食べましたが、まあ普通のもんでした。


コンパニオンのおねいさんが綺麗でしたが、あれはいまだによく分からない。
べつに居てもいいけど、いまどき何なんだ。
昭和か?

一声かければ絶対に笑顔で撮影に応じてくれるので、もはや全く車と関係なしに、首から一眼を下げたおっさん達のシャッターの餌食にされまくりなのが、仕事といえば仕事だけれど、気の毒といえば気の毒。


posted by Maron at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | OM-D E-M1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

オリンパス OM-D E-M1

年賀状で忙しい日曜日

EM-1+12-40oF2.8でこんなものを撮ってみた。


GUNDAM.jpg
ガンダム、オリジン版フィギュア
等倍で見ると、塗装のミスや埃までよく写っている


ALIEN.jpg
ALIENのビッグチャップ、リボルテック版
なんかヌメってる感じがします。
いずれもjpg撮って出しのリサイズのみ。

キットからこのレンズだけ抜き取り後、ボディのみオクに流されるだけあって、かなり良いです。
ボディはあるが、レンズが無い、というか品薄なので、お得な12-40レンズキットは年内購入出来ない店も出ている模様。


【送料無料】オリンパス OM-D E-M1 12-40/F2.8 レンズキツト (2013年10月19日発売)





posted by Maron at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | OM-D E-M1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

E-M1のSDカード



OM-D E-M1のSDカード、うっかりトランセンドを買ったのですが、撮影後に一瞬、書き込み中アイコンがファインダーに写って、EVFが実風景とずれる。
勿論クラス10、UHS-Iのものですが、何か書き込みが遅い感じがしたので、ググっていたらこんなビデオを発見。
全然違うではないの。

速攻でサンディスクのエクストリームをポチりましたよ。
さて、で、どうでしょう。

動作確認済みの公式おすすめカードは
http://www.olympus.co.jp/jp/support/cs/media/sd/2013_05.html


【Amazon.co.jp限定】SanDisk Extreme Pro SDHCカード UHS-I Class10 32GB (無期限保証)[国内正規品] SDSDXPA-032G-JAZ




<追伸>
EVFの見え方のラグは、カード書き込み時間の問題ではなく、撮影後の液晶画面での再生確認が設定されている為でした。
自動再生を私はデフォルトの0.5秒を1秒に更に延長しており、これをOffに設定すると、撮影後EVF内での画像は止まらないことが分かりました。ほとんど体感的にはレフ機と変わりません。
いや、これで完璧にE-M1が好きになりましたね。
レンズ買い足そう。


posted by Maron at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | OM-D E-M1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

デジカメ その2

OMDEM1_2.jpg

!!!



OMDEM1.jpg

ということで、我が家に4台目のデジイチがやってきました。というか連れてきました。

JR大阪駅近くのカメラ店で購入しましたが、安いと思った価格は現金特価で、カードで買ったら全然安くなかった。
通販の方が安かったです。

4台のうち2台がこれを含めてミラーレスですが、このOM-D EM-1は電子ファインダーが非常によくできており、NEX-5のように、昼の屋外で液晶画面が見えにくくて写真を撮れないということにはなりません。(と思う)
顔を近づけてファインダーを覗き込もうとすると、液晶画面が消えて電子ファインダーがONになるって便利だ。

まだ開梱しただけで何もしていませんが、軽すぎない、ほどほどの重量感とメカメカしさ、機械の凝縮感がまず良い。
あとはシャッター音もカッコよくて良い。
まずこの辺がOKで、レンズも良いんだから、あとは悪いわけはない。
防塵、防滴なので山にも持って行ける。(かもしれない)
今はとりあえずこの12-40mm F2.8を使いこなすようにする。

フルサイズ機も考えましたが、電気屋で触ってみるとやはり重過ぎるのがダメ。
6DとかD800とか気軽に持ち出すのは、D700を持っていたから分かるけど、たぶん無理。


【送料無料】オリンパス OM-D E-M1 12-40/F2.8 レンズキツト (2013年10月19日発売)【SDカード16GBセット】






[OMスタイルマイクロ一眼]OLYMPUS OM-D E-M1・12-40mm F2.8レンズキット『2013年12月21日頃入荷予定』E-M1ボディ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO BLK【smtb-TK】[02P30Nov13]fs3gm




かなり品薄なので、買いたい時に買っておきましょう!
オークションも少ないです。E-M5は山ほど出ていますが。
そして、さあ久しぶりのレンズ沼へ!


posted by Maron at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | OM-D E-M1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする