2007年01月27日

*2

green.jpg





tree.jpg





heart.jpg





maron.jpg





moon.jpg

E-500+ZD14-54,SIGMA55-200
posted by Maron at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

高感度

一眼デジカメを買うまで気付きませんでしたが、フツーの民家の照明って、カメラ的には相当暗いんです。

先日、またまた実家に家族が集合する機会があったので、親戚のお子たちを撮っていたのですが、これが案外難しい。

ストロボは使用したくなかったので、感度を上げて絞りを開放しつつシャッター速度を稼ぐのですが、何故か、ISO1000まで上げて、その後下げるのを忘れ、ノイズリダクションもOFFのまま、最後までノイズが乗りまくった写真を100枚位撮ってしまいました。
高感度に弱いE-500とそれをフォローできないワタシ。

完全に失敗でした。

P1221937.jpg
ストロボの前に手をかざして、光の方向を変えて撮ったもの。
ISOは125。

うすぐらい場所でのスナップをいかに簡単に上手に撮るか、目下色々と試しています。
posted by Maron at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

デジカメの品格

top_img.jpg

デジタルカメラマガジンの2007年2月号にて、「デジタル一眼レフ デジタルRF中判デジタル全25機種 激辛格付け&徹底比較」なる記事が掲載されていまして、これがなかなか面白かったです。

総合1位はフジフイルムのFinePixS5Proで、E-500は? というと、わりと端っこの方にランクされておりました。

発売時期も価格帯も何もかも違うものを、同じ土俵に乗せた上での格付けなので、乱暴といえばそうかもねえ、というものですが、ピュアな「デジカメ」好きの為の格付けなので、あえてバイアスのかからない批評が必要なわけです。

しかし、E-500、部門別では重さ(軽さ)部門1位(!)、ダイナミックレンジ部門でも、FinePixS5Proに次いで2位、という好成績でした。
フォーサーズシステムと、コダックCCD様サマという感じですね。

あとは、欧米向けの新機種「E-400」のレビューなどが楽しめました。
(サンプルフォトの質感も良いものでした。)
日本版のE-400には本体手ブレ補正機構が付けば、などと思ってしまいます。

デジタルカメラマガジン 2007年 02月号 [雑誌]
デジタルカメラマガジン 2007年 02月号 [雑誌]


でも、カメラなんて所詮は趣味のものだから、結局は自分の気に入った機種で撮るのが一番だろう、と思います。
posted by Maron at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

あれからワタシが買ったもの

デジカメを1台買うと、付随するものどもを色々と買うコトになります。

結構バカにならない出費ではありますが、やはり要るものは要る、ということで、あれからワタシが買ったモノ。

レンズガードと液晶保護シートは以前書きましたので、それ以外でこんなものを購入しました。

ME-1 アイカップ
ME-1 アイカップ


E-500の欠点でよく挙げられるのがファインダーの視野の狭さ、らしいです。

ワタシは1眼が初めてなので、こんなもんだよ、と言われれば、ああそうですか、で終わるのですが、装着(大層な)して広くなる視野って見てみたいでしょ。

ということでマグニファイヤーアイカップME-1。

確かに、マニュアルでのピント合わせは格段に楽になります。
ファインダー右側の情報も読みやすい。
お勧め。

OLYMPUS RM-1 リモコンRM-1
OLYMPUS RM-1 リモコンRM-1


実は三脚も購入したのですが(SLIK)、長時間露光を行う場合などは、どんだけシャッターボタンに優しく触れても、やはりブレの原因になってしまうので、こんなリモコンがあると便利です。

本当はリモートケーブルがいいのでしょうが、結構高いし、つなぐのが面倒。
リモコンならカメラの前にかざすだけで、同じことが出来るわけだから、夜景撮影なんかリモコンだけでいいんです。
posted by Maron at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

*アスタリスク

#01.jpg





#03.jpg




#09.jpg





#10.jpg





#04.jpg





#06.jpg





#08.jpg





#07.jpg

ALL:E-500+ZD14-54
posted by Maron at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

赤い車

mimikaki.jpg
(E-500+ZD14-54)

耳かきの軸に付いているワンちゃん。
1.5cm程度の小さなものです。

パソコン仕事を持って帰ってくることがありますが、家で仕事をする時は、なんとなく手元に「耳かき」がないと落ち着きません。

一度、これで耳を掻いている最中にモノが思いっきりこの犬に当たり、鼓膜を破った経験があります。
突き破ったことのある方はお分かりでしょうが、すごい音がするんですよね。
バン! って。
耳鼻科に通って1、2ヶ月ぐらいで再生しましたけど、ヘッドフォンしても聞こえないし、とっても不便でありました。

yuuyake.jpg
(E-500+ZD14-54)

これは今日の夕焼け。
なかなか綺麗な夕陽でした。

今日はバイクで帰宅中、ランボルギーニカウンタック(赤)に出会ったので、思わず追っかけてしまいました。

ランボルギーニカウンタックというのは、”蘇る金狼”のおしまいの方で松田優作が乗っていた(運転は合成でしたけどね)ようなやつです。
今日見たのは、スーパーカーブームの頃の、結構昔のタイプだと思います。

すっごい爆音と、今見てもなんじゃこりゃというキレたデザインがカッコよかったですが、後ろを走っているとガソリン臭いのなんの。
乗ってる本人は燃費とかどうでもいいんでしょうけどね。
臭すぎ。
posted by Maron at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

なびおのばーげん

前回のこの写真で書いた、ナビオの観覧車ですがお分かりいただけましたでしょうか?

Yakei.jpg(クリックで拡大します)


視力のよい皆様は、もちろんOKですよね。


















そうです、これです。

kanransya.jpg

あたりまえですよね。
(要視力5.0以上)
posted by Maron at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

初詣

昼前に近くの神社へ初詣に出掛けました。

Hatsumoude.jpg(クリックで拡大)

帰りに露店で焼きソバを食べながら空をみていると、神社の上空に飛行機雲が交差しているのに気付きました。

hikoukigumo.jpg(クリックで拡大)

夜は実家に帰って両親、弟夫婦&姪っ子達と食事。
ベランダから大阪の夜景を初めて撮影してみました。
三脚が無いので、カメラをベランダの縁に置くしかなく、必然的にこんな構図になりました。
Yakei.jpg(クリックで拡大)
焦点距離:14mm(35mm換算28mm)、シャッター速度:10秒、絞り値:F5、露出補正:なし WH:AUTO
実寸で見ると、HEPナビオの観覧車も見えています。
posted by Maron at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

はつひので

新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

というわけで、昨晩は嫁さんの実家で紅白を見ながら、年越しそばなど色々と頂いておりました。

Maron.jpg(クリックで拡大)カマボコおくれ

紅白といえば美川憲一のウルトラGothicな衣装もよかったですが、DJ OZMAが素晴らしかったですね。

最初にピエロに早変わりした瞬間に、”あ、やばいな”と何か妙な予感がありましたが、地味なマジックを何気なくいくつも織り交ぜ、途中からはやけによく出来た”チチ丸出しボディスーツ”のダンスですよ。

主催者も事前に知らないわけがなく、北島三郎の「もしOZMAが開チンしたら鉄拳制裁」発言から何から、全部釣りだったのだな、と思いましたが、それも含めて”よく出来た”ステージでした。

”子供が見ているのに云々”で、こういうのに抗議電話する輩ってのは、ドリフターズの頃からいたんだよな。
こんなんで気まずくなる家庭ってどんな家庭? といぶかりつつ、ほんとにイヤならチャンネル変えるか、テレビを消せばいいわけです。

OZMAサイドからすれば”してやったり” というトコでしょう。

HATSUHINODE.jpg(クリックで拡大)

早朝の近畿地方の空はやはり曇っており、清々しい初日の出とはいきませんでしたが、7時ごろから100枚位撮っていました。

海とか山に行くとまた凄いんだろうなー。
posted by Maron at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

オリンパスE-500 IN 淡路島

今日は昼過ぎから淡路島に行ってみました。

家を出たころは天気が良かったのですが、着いた頃にはかなりの曇天
せっかく青空を取りたかったのですが、またオアズケを食らっています。
レンズは全てZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5です。
これしか持ってませんが、最初の買い物としては大正解だったと思ってます。

写真は明石海峡大橋を渡ってすぐのPAで撮りました。
犬連れだったので乗りませんでしたが、いつのまにか観覧車が出来ています。

kanransya.jpg(クリックで拡大)
ホワイトバランス:5300K
露出補正:0EV

これは明石海峡大橋を見るための双眼鏡。
いい感じに塗装がハゲてます。
100yen.jpg(クリックで拡大)
ホワイトバランス:6000K
露出補正:0EV

少し南に下った海水浴場。
何故か大きな流木が、何かを示すかのように突き刺さっています。
自然にこんなことになったのでしょうか。
sea_2.jpg(クリックで拡大)
ホワイトバランス:6000K
露出補正:-1.0EV

夕闇は瞬く間に空の色を変えていきます。
ホワイトバランス設定を変化させつつ数枚撮った中の一枚。
こういうダークな色合いが出るトコ好き!
sea_1.jpg(クリックで拡大)
ホワイトバランス:AUTO
露出補正:-0.7EV
posted by Maron at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OLYMPUS E-500 ファームウェアをアップする

最近は初期ロットの不具合や、購入時よりもベンリに使うための機能を、ネット経由で修正・追加してくれる電化製品が増えていますが、このE-500も例外ではありません。

ということで、我が家のE-500もファームウェアのアップデートを行いました。

ファームのアップデートは、付属のOLYMPUS Masterのメニューから「カメラのアップデート」を選択して行います。

omaster.JPG(クリックで拡大)

カメラからCFカードを抜き、USBモードを「ストレージ」にセットして、PCに接続。
その後、OLYMPUS Masterが最新Verのファームの有無を調べてくれますので、画面の指示に従っていけば2分〜3分程度で完了です。

ファームウェア.JPG(クリックで拡大)

OLYMPUS E-SYSTEMのファーム案内ページ→

カメラだけではなく、ZUIKOのデジタルレンズも改良が加えられていますので、最新Verでない場合は是非アップデートを行いましょう。
(アップデートした後は、元のVerに戻せないので、その点注意が必要です。ワタシにはモチロン、何で元に戻す必要があるのか分かりませんが。)
posted by Maron at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

E-500で寄る

部屋の片隅でホコリをかぶっていた手のひらサイズのグフ(食玩)
うしろにあるのはリポビタンゴールド。
10センチと離れていないのに、このボケ味。一眼デジって素晴らしい。
gouf.jpg(クリックで拡大)

同じくいつ作ったかよく分からないレッドミラージュ(プラモ)。
ホワイトバランスはAUTOに変更。
ledmirage.jpg(クリックで拡大)

ある程度寄ったところで、絞り優先AEでバックはボカシて撮ってみましたが、OLYMPUS Masterで見ると、ピントがどこに合っているかミリ単位で分かるあたり、難しくて面白いです。
レンズ:ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
posted by Maron at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事納め

今日は寒かった。朝は初雪が降りました。

仕事もなんとか21時過ぎに納まり、ようやく年末年始休暇に入ります。
最後の最後まで気を抜くことが出来ない一年でした。

といってもそこはかなしい病院勤め、レセプト業務というものが必ず月初にある為、1/2から平常運転です。
毎年、病院というトコロは例外なく全国どこでも、お正月とゴールデンウィークにシュラバと化すわけです。



というわけで、デジカメを買ったらコレ、という製品を紹介。

A-DATA_CF_120X.JPG(クリックで拡大)

CFカード。
これが無かったら撮れません。

オリンパスと言わず、各社の製品とも相性がよく、書き込み速度が速いのは今やSanDiskのExtreme IIIに相場が決まっていますが、A-DATAのこのカードもあなどれません。
連写もバシバシ保存してくれますし、1Gのこのカード、うまくいけば2500円位で手に入ります。

E-500と各メディアの速度的相性はこちらのサイトのベンチマークを参考にしました。→
Write speed(MB/s)が8MBで、Extreme IIIには負けますが、価格対比でいけばTranscendのカードといい勝負だと思います。

レンズガード.JPG(クリックで拡大)

あとはこれ、液晶保護フィルムと、レンズガードです。

液晶保護フィルムは汎用の2.5インチを買うより、E-500専用のものを買う方が、きっちりはまってキモチよいです。
ホコリが気になる人は、風呂場で裸で貼るのがいいらしいですが、本当にそんなことをする人がいるんでしょうか? いるんでしょうね。
爪の短いワタシにはとても貼りにくいので、2枚ぐらい付けておいて欲しい。

あとはレンズガード。
PLフィルターのようなものを付けてもいいのかもしれませんが、まあ何か分からない初心者なのでコレでレンズを守ります。

マニュアルに付箋紙を貼りながら読んでいますが、恐らくこれは携帯することを想定して作られたのでしょう、とても小さいので読んでて疲れます。
posted by Maron at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

E-500で撮る

一眼デジカメを購入するにあたって、CanonとNikonは割と早い段階でOUT(あくまで、BODYで6万〜7万以内の低価格帯製品は個人的に好きになれない、ということです)になりましたが、最後まで迷ったのはSONYの新機種α100とRICOHのGR-DIGITALの2機種でした。

α100は本格的にカメラをやってきた方から見れば、所詮は家電メーカーの一眼というフィルターがかかってしまうようですが、ワタシのような初心者からすると、ちょっとは馴染みのあるメーカーなわけです。

店頭で実機を触ると手に持った感じも非常に良くて、シャッター音も好きな部類。
(ちなみにシャッター音で一番受け付けなかったのが、PENTAXでした。結構シャッター音のファクターがワタシには大きい。)
素直に、欲しい、と思いましたが、結局予算オーバーでOUT。

SONY デジタル一眼レフカメラ α100 ズームレンズキット ブラック DSLRA100K/BSONY α100 ズームレンズキット

一眼レフではないですが、GR DIGITALは梶野彰一氏のフォトブログでもお馴染みの1台で、単焦点ながら、非常に味のある画像が撮れそうな感じがムンムン漂っています。

ただそれゆえに、”プロデザイナーのセカンドデジカメ”という雰囲気もあって、それならいっそLUMIXでいいような気もしてしまい、これも見送り。

RICOH デジタルカメラ GR DIGITALリコー GR DIGITAL

今朝E-500で日の出を試し撮りしてみたのは、こんな感じです。
色々設定を変えてみましたが、どの写真をどうしたか分からないので、まあこんな感じ、という程度。
実際は3264x2448というとんでもないサイズですが、PCに取り込んでから圧縮しました。

hinode2.JPG(クリックで拡大)


mizube.JPG(クリックで拡大)

付属のオリンパス製専用ソフト(OLYMPUS Master)の出来が結構良く、Windowsのビューワーでは、このサイズはもう追いつけないと思いました。
全く画質が違います。エライもんです。
posted by Maron at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリンパスブルー

というわけで、今日は仕事もオフ。

デジカメに夢中になりつつある年の暮れであります。
今朝も、日の出の写真を撮りに川原へ出ていました。

最近ここの更新が滞っているということは、デジカメのことを考えているのだなあ、と思っていただいて構わないぐらいです。



2週間ほど前の忘年会で、同じ職場の子が持ってきていた「LUMIX FX01」を借りた瞬間、思わず「オオッ これスゲエよ!」と声を出してしまう位に、驚いたのが始まり。

Panasonic デジタルカメラ LUMIX DMC-FX01-K エクストラブラックLUMIX DMC-FX01

何しろ起動から撮り始めまでが一瞬で、液晶も大きく(2.5型)見やすい。
レンズはライカ印入りで、(きっと)パソコンで見ればもっと非常に美しいはず。
しかも28mmの広角レンズ付で視界広々、で、ええ! 3万しないの? と来たから、もう買うかあ、というところまで来てしまいました。

で色々調べだすと止まらなくなり、もうコンパクトよりは、ここらでいっちょ、初心者向けの一眼デジカメを買おうか、と思い切ったのが先週。
コンパクトデジカメも数年置きに買って、3台目になるけど、結局どれも大差なかったし、というのが飛躍のポイント。
なんか、100万画素でも300万画素でもリコーでもキャノンでもSONYでも、出来る写真って、ワタシの場合、どれも一緒なんです。
で、この場合、きっとそれはカメラのせい、ということにしておく。
”撮りたくなる気持ち”も含めて。

値段的にも標準レンズが最初から付いた、いわゆるレンズセットなら、コンパクトにちょっと足すだけでOKだし、6万〜7万程度で済む。

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K100D レンズキット DA 18-55mmF3.5-5.6AL付きPENTAX K100D

一般的に行けば、こういうのはCanonかNikonのものを買っておけば、失敗ないようです。クルマで言えば、トヨタが大きく外すことは無いのと一緒でしょう。
ユーザーも圧倒的に多いはずだから、買ったあとも、安いレンズが無いとか、雑誌記事が無いとか、寂しい思いをしなくてよいかもしれない。

ただ、電器屋で実機を触っていると、どうもしっくり来ないんですね。
シャッター音がイヤ、とか、Kissって名前が乳臭くてちょっととか、
なんか自分向けじゃない気がするわけです。

Canon EOS KISS デジタル N ブラック レンズキットCanon EOS KISS デジタル N


で、色々見ていくうちに、どうもオリンパスのE-Systemというシリーズに心惹かれるようになりました。
いわゆる、オリンパスブルーとかコダックブルーと言われる、独特の色味で知られる機種ですね。

スタパ斎藤氏が「ひひひ非常に非常に非常に好ましいッ!!」と、スタパトロニクスで語っているように、どうも重たくて使う気になれなかったE-300を使ってみたら、案外良かったということ。
100台以上のデジカメを過去購入している、この方のレビューが決め手になりました。

今は、防塵防滴のプロ向けE-1、ライブビュー搭載のE-330、エントリー向けのE-500がラインに乗っていますが、ワタシは結局、E-500をチョイス。

レンズはキットのものでもよいのですが、何百枚と実際の写真を見るうちに、良いなあ、と思う写真の殆どが、ZUIKOデジタルの14-54mmを使っていることに気付き、こちらを購入しました。広角側はキットと変わりませんが、より寄れる点と、何よりf値が小さい(明るい)のが特徴です。

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-500 ブラック レンズセット
OLYMPUS E-500(このセットレンズは14-45mmです。)
(けなされてますが、これ当たってません。むしろ、ペーパーバック読めるならdigitalの綴り間違えるなよ、という感じ。)

結局、当初考えていたより高くついてるわけですが、CFカードの相性も調査、激安かつ激速のものにし、トータルコストをちょっと下げています。

今は露出とか絞りとか視界写深度とか、分かるようでよう分からん単語を、E-500を触りながら確かめてるところです。

なんせ一眼はフィルムも含めて初めてなので、右も左も分かりませんが、まあ、ごちゃごちゃ言う前に撮ってるのが、なにより楽しいですね。
posted by Maron at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする