2010年03月22日

GT300&500@鈴鹿

今回はD200と70-300VRのみです。DXなので450相当にはなりますが、流し撮りは難しくてほぼ全滅。
クルマが止まったような写真が多いので、次に行くことがあれば、一脚でも持って再挑戦してみます。
写真は殆ど第一コーナー。しかし寒かった。

fd3s.jpg



fire.jpg



F.jpg



Hankook_PORCHE.jpg




HEAD.jpg




TVドラマ「コードブルー」と同じようなドクターヘリが来ていましたが、どうなったんでしょうか。

HSV010_2.jpg






特に違和感のない初音ミクポルシェ。ミクというよりはエウレカみたいでした。

MIKU_PORCHE.jpg




Wider.jpg




ZENT.jpg



晴れるのが遅いんだよお。終了間際に陽光が差します。
わざとぼかしてます。

advan.jpg



おまけ
サーキットの中にある駐車場にキイロのF様が。記念写真を撮る人が遠目に見えたのでパチリ。

YELLOW_F.jpg

<開幕戦の必需品>
駐車場の予約。(これ最悪でした。運営側は予備駐車場をどうにかしないとダメだ)
座布団、ネックウォーマー、場所取り用ガムテ、ポットにコーヒー、お弁当。
雨合羽、あと、黄砂よけにカメラにはサランラップでも巻いておこう。

posted by Maron at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

SIGMA 30mm F1.4EX





下の記事にUpした写真は2枚とも、SIGMA 30mm F1.4EX DC HSMで撮影しました。
ずっと欲しかった単焦点のレンズで、非常に満足しています。

30mmなので、D200にマウントすると45mm相当となり、ポートレートや風景撮影に丁度よい焦点距離になります。
F値が1.4と明るいのでシャッター速度が稼げ、開放で小さいものを撮ると背景ボケが顕著に美しく出ます。
値段相応に重みがあり、カメラ本体とのバランスもよいので、お勧めです。









こちらはニコンの新機種、D60。
D200からD60への買い替え組みも結構いらっしゃるようです。
結局カメラはレンズで決まるので、D60を購入することで浮く予算を考えると、D300やD3だけが選択肢ではないということですね。



posted by Maron at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の梅

DSC_5331_2.jpg

近所(といってもバイクで10分ほど)の梅林に行ってみたら、案の定もうとっくに咲いていました。
近頃雪が降る日が多かったので、すでに枯れかけているものもありますが、まだ殆どは蕾のまま。


DSC_5341.jpg

すぐ横にあった蘇鉄。
iphotoで色温度その他少し調整すると、まるで同じ時刻に撮ったとは思えない感じになったので、ついでに。


posted by Maron at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

日本海 丹後半島

umi_1_resize.jpg

日本海は結構な波でした。



umi_2.jpg

遠くを見れば凪のよう。




kyogasaki_toudai_1.jpg

経ヶ崎灯台。
日本一のレンズを搭載しており、日本3大灯台の一つに数えられるそうです。
ふもとに、「→灯台0.4Km」と表示されていましたが、急な山の上に建っており、絶対3倍は距離があると思います。
posted by Maron at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

D200 互換バッテリー

というわけで、2008年スタートです。
あけましておめでとうございます。

正月早々、地味な話題でアレですが、激安互換バッテリーを過信すると危ないよ、というお話です。

BATTERY.jpg

昨晩は家内の実家に帰っており、D200他、外部ストロボなど揃えて、義理の弟夫婦の赤ちゃんを中心に撮ろうと思っていましたが、バッテリー(純正)を充電器に付けたまま、出て来てしまったことに気付きました。

着いてから、慌ててカメラバッグの中を探すと、あったあった、EN-EL3e互換バッテリーが出てきました。
装着したところ、最初は調子よく動いていましたが、連写モードで撮っていると、突然シャッターが開いたまま閉じないという事態に。
情報パネルにも液晶にも何も映らず、何のボタンも効きません。
バッテリーを抜いても、レンズを外してもダメ。

で、帰宅後、純正バッテリーに差し替えると、パネルには「Err」の文字が点滅しており、説明書に拠れば、シャッターを切って、「Err」が消えればOK、消えなければ(もしくは消えてもその後、頻発すれば)、サービスに出してね、ということで、恐る恐る切ってみた所、無事元に戻りました。

特にVRレンズを使用した際のバッテリーの減りはなかなかのものですので、1個純正品を買っておこうかなと思います。

(鍋を囲みつつ「D300に買い替えなさいというお告げだろうか」という話を家内にしたらスルーされました。D300はバッテリーグリップを付けると連写速度が6コマ/秒→8コマ/秒にUpするというのが面白いですね。)

posted by Maron at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

シグマ 30mm F1.4 EX DC HSM

丁度カメラを始めて1年が経ちました。

12-24mm(TOKINA)
17-55mm(NIKON)
70-300mm(NIKON)
90mm(TAMRON)

この間、4本のレンズを使ってきましたが、この年末に50mm位の単焦点が欲しくなり、色々の比較した結果、下記購入と相成りました。

シグマ 30mm F1.4 EX DC デジタル専用 HSM ニコン用
シグマ 30mm F1.4 EX DC デジタル専用 HSM ニコン用

30mmだとD200では45mm相当なので、理想の50mmに近くなります。
一眼デジカメは、センサーのサイズに応じて、焦点距離が変わってしまうので、50mmが欲しいからといって、ほんとに50mmを付けると、えらい遠景な写真が出来上がってしまいます。

ダカフェ日記にあるような写真を見ていると、明るい単焦点がどれだけ印象的に日常をスナップ出来るかよく分かります。

購入検討の方は上記サイト必見です。
posted by Maron at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

デジイチ次世代機

この半期、各社のデジ一眼新機種が出揃った感じですが、ニコンのD3がいいですね。
ボディ50万を軽く超えるのですが、予約待ちで未だになかなか買えない状態が続いているようです。
フルサイズで秒9コマ連写、ISO6400の高感度etc etc、キャノンの攻勢をひっくり返しかねない、魅力あるデジ一です。

プロは(企業とか)過去のレンズ資産があるので、おいそれと乗り換えるのも難しいのでしょうが、今後はD3がスポーツ等のマスコミフィールドで活躍するのかもしれません。

各機種のレビューは「デジカメマガジン」のふぉとカフェがよくまとまっています。→

ニコン D300
ニコン D300

ニコン D3
ニコン D3

ニコンCMページ
(山下達郎書下ろしテーマ曲Ver)→
(木村拓哉のD300Ver)→

キャノン EOS-1Ds MarkIII
キヤノン EOS-1Ds MarkIII

キャノン EOS-40D
キヤノン EOS-40D

SONY α700
SONY α700

オリンパス E-3
オリンパス E-3

個人的には、この時期安くなったD2XやオリンパスのE-1などの程度の良い中古も面白いとも思います。
posted by Maron at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

京都神護寺の紅葉

momiji3.jpg

京都高尾、神護寺の紅葉は今が見ごろです。
ちょっと早いかなと思いながら行ってみましたが、すでに焦げたように枯れたモミジも多く、ここから向こう10日ぐらいが一番良いように思います。

momiji2.jpg

最初は18mm-35mmで撮っていましたが、人が多くなってきたのと、紅葉しない木が結構入ってしまうので、70mm〜に交換して枝葉をズームで撮っていました。

momiji.jpg

かわらけ投げをしたあと(ものすごく飛んでくれて、ちょっとどよめきがあがりました。投げた後、行方を見ながらカメラを構えて撮影できたぐらいです。)、冷え込んできたので、階段途中のうどん屋でうどんとおにぎりを食べ(美味かったー)、急な階段を転ばないようにゆっくりと降りていきます。

朝9時半頃に着きましたが既に結構な人で、帰る頃にはデジイチ、コンパクト、ケータイと総カメラマンな様子。

駐車場はあちこちにありますが、下の川原近くは10時以降歩行者天国になり、クルマは進入禁止となるのでご注意を。ちなみに私が停めた場所は1日1000円。
犬連れの方も見かけましたが、今回はウチの犬はお留守番でした。
posted by Maron at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

NIKON COOLPIX S500使用感など

building.jpg
今日は天王寺近くで研修。近くにあった妙なラウンドデザインのビルです。
結局S500をアマゾネスさんで購入したので、使用感など。

GOOD
・デザイン。アーバンブラックの質感が非常に好ましい。
 使用し続ける上で非常に重要なポイント。
・レリーズラグの短さは文句無し。
・VRの効きも良い。ちゃんと持てば失敗は殆ど出ない。
・解像度も品質が高く満足。
・マクロでVRが効くので、小モノ撮りに結構使える。

BAD
・AFは確かにそんなに早くはない。
 AF合焦を待ちきれずにシャッターを押す事しばしば。
 せっかく短いレリーズラグもAF合焦速度に足を引っ張られている。
・しばらく連続使用していると、ボディが暖かくなる。
・当たり前だが、VR作動時に構図が微妙にズレる。
・高感度はノイジーで、緊急時のオマケ程度。

ということで、文句は色々ありますが、デジ一眼のサブ機ならまあOKかな、というレベルです。
もう2万も足せば、色々選択肢も広がりますが、超コンパクトサイズと色とデザインとVRとマクロ、これで満足。

あと逆に、D200ってやっぱりすごい! とあらためて思った次第です。
posted by Maron at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

* 残り

先日の奈良の写真から3枚。
なんでこんなことしてるかというと、職場で2000部ほど刷っている広報誌に載せる写真のストックが無いからです。

クリックで拡大です。

190617_09_1200.jpg




190617_17_1200.jpg




190617_14_1200.jpg
posted by Maron at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

D200で滝を撮る その2

今日は妻と犬を連れて、クルマで奈良まで。
滝シリーズの第2弾です。

mitarai.jpg
みたらい渓谷というところですが、いつ来ても美しい風景です。
山道を歩くことを厭わなければ、あのつり橋を歩くことも出来ます。


mitarai2.jpg
ふもとの駐車場(300円/時間)にクルマを置いて、階段を上がっていきます。



mitarai3.jpg

天気が良くなかったのですが、スローシャッターにはかえって良かったように思います。
2秒だとHi表示が出てしまいましたが、1.6秒位まで落とせました。
そろそろフィルターを買おうかなと思っています。

今日の大失敗

@撮影場所を探して滝の周辺を歩くうちに、夢中になってしまい、戻れない場所まで行ってしまったことです。おまけに歩き回っている最中に濡れた苔で思いっきり滑ってしまい、カメラのレンズフードを岩で削って割ってしまいました。
カメラとレンズへのダメージは無かったのですが、危ないところです。

Aこれが本当の失敗ですが、戻れない場所から戻るために、止む無く靴と靴下を脱いでズボンをまくりあげ、妻の見守る中、足首まで水に漬かりながら、滝つぼのフチの岩を歩いていました。(思い出しても怖い。)

ところがここでも苔で滑ってしまい、なんとズボっと腰まで水没。
カメラは三脚に付けたままだったので、反射的に脚の先を持ち、バンザイの姿勢を取ることで、なんとか水没を免れました。

おかげで他に予定していた撮影ポイントにも行けず、犬用のバスタオルを腰に巻いてしょげたまま、帰途に着きました。

皆さんも滝・渓谷ではほんとに注意しましょう。
20万のカメラと7万のレンズが水没したら泣くどころじゃ済みませんし、一歩間違えば命だって落としかねなかったところでした。

今度は泊まりでじっくり行きます。
posted by Maron at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

昆陽池その2

昨日撮ったものをいくつか。


pansy.jpg
家の前の花壇に咲いているパンジー。(タムロンSP AF90mm)


DSC_24091.jpg
これは何? 光ファイバーみたいです。(タムロンSP AF90mm)


bamboo.jpg
昆虫館に行く途中の竹林。(Tokina AT-X Pro124)


DSC_24461.jpg
(タムロンSP AF90mm)


DSC_24821.jpg
(Tokina AT-X Pro124)


DSC_24771.jpg
昆虫館の温室屋上より。
遠くに鯉のぼりが池をまたぐように吊ってあります。風が強かったので、気持ちよさそうに泳いでいます。(Tokina AT-X Pro124)
posted by Maron at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

蝶を撮る@昆陽池昆虫館

tyoutyo.jpg




tyoutyo4.jpg




tyoutyo3.jpg
レンズは全てTamron SPAF 90mmF/2.8でMF撮影。
posted by Maron at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

*

sakura6.jpg


休みにしてはめずらしく晴れ。


sakura10.jpg




sakura7.jpg
posted by Maron at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

E-500を手放したわけ

顛末を書いていませんでしたが、結局ワタシは購入数ヶ月で愛しのオリンパスE-500を手放し、ニコンのD200に乗り換えてしまいました。

wall2.jpg

せっかく買ったファースト一眼。

泣く泣くではありましたが、そうするに至った理由は、しかし明確にいくつかあります。
こりゃ使えねえよ、ってわけです。

・E-500は高ISOでの撮影時、実用に耐えないノイズが乗ってしまう。
・3点測距のAFは物足りない、というかそんな腕は無いので無理。
・連写が貧弱。
・軽いのはいいけど、CFカードの蓋が気持ち浮いてきたり、ボディの造りそのものがなんか、チャチい。
・そんなヤワなボディに、高価なフォーサーズレンズを買い足していく魅力が薄れた。

という所です。

とはいえズイコーデジタルとコダックブルーの魅力を少しでも味わってしまうと、やはり、時折D200の見せる絵に物足りなさを感じることも事実。
空を撮るならオリンパスなのはもう確実で、ああいう”こゆい”グラデーションは、スタパ齊藤ならずともE-SYSTEMならでは、と思ってしまいます。

デジ一眼を使ってみて分かるのは、写真は画素数で見たり語ったりするものではないんだなあということです。
いつか余裕があれば、今度はE-1か、その後継機でオリンパスを買い直してみたいとも思っています。

E-410やE-510(本体手ぶれ補正機構搭載!)もついに発表されましたし、オリンパスの今後も非常に楽しみですね。
(しかし、E-510購入希望者は7月まで待てるのか?)
デジタルARENAの記事へ
posted by Maron at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

オンラインアルバムに登録しました

ニコンのオンラインアルバムに、最近の写真を登録してみました。

同じ写真でも、ブログのサムネイルチックな写真とは、また違ったモノがあります。

<ご覧頂ける方はこちらからどうぞ。>
posted by Maron at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

梅が咲いた

近所で梅が咲きました。
ume2.jpg

18-70にどうも感動することが少ないのは、ワタシがヘボだからでしょうか。
いっそ、超ハイに露出を上げた方がデザイン的に綺麗な気がします。



ume.jpg








jet3.jpg
これは有名な千里川の土手での撮影。
同じく18-70の広角端。







jet3.jpg
伊丹空港は大型ジェットの乗り入れが無くなったので、前ほどの迫力が無くなってしまいましたが、それでもこの大きさでじょじょに迫ってくると、結構怖い。
小さい子供さんはジェット音で泣いてしまうようです。
posted by Maron at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | D200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする