2015年11月23日

寒い



もう2時だよ。
寝ましょう。



posted by Maron at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

Opfour+Matrix-1000


MAX FOR LIVEを買って真っ先にDLしたのが、TX81ZをエミュレーションしたKatsuhiro Chibaの「Opfour」。
これにMIDI-UDP Bridge (for Opfour M4L)というパッチを並行して起動すると、「Opfour」の画面のつまみの操作が実機のTX81Zに反映されるという面白いものです。

スクリーンショット 2015-10-28 22.24.35.png

前のTrixという曲では、この「Opfour」を使った簡単なシーケンスを鳴らしています。

その他、ドラム以外の音の殆どはオーバーハイムのMatrix-1000とコルグM1実機です。

Matrix-1000のエディターもMAXのパッチで出ていますが、まだ使っていません。

実機は今さらですが、DCOならではというか、どれも面白い音がしますね。


posted by Maron at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

ハロウィン本番



ここのところ毎日のように、テレビではハロウィンの仮装の話題で持ちきりですが、ハロウィン本番が間近って、何だろう。

ハロウィン本番まで秒読み開始!、とか、仮装やパーティーの準備はもうOK? とか。

本番は今と何か違うのでしょうか。
本当にどこか知り合いの家を訪ねて、玄関先でお菓子をもらったりするのが本番なんでしょうか。

バレンタインもきっとこんな風に始まったんかなあ、と想像しますが、お金の落としどころがチャチな仮装グッズや、寒空のコスプレイベントあたりでは全然弱い。

もう10年もしたら、仮装しながらの求愛イベントに誰も疑問をさしはさむことなく変わっているのでしょうが、どこの業界が何にお金を落とさせるのだろうかと考えます。

曲名はオーバーハイムのMatrixを使ったので、そうしましたが、何か少しタイムリーだなあと思いました。

曲は前にUpしたやつがメモのつもりで録ったものだったので、少しだけ、やり直ししたものです。

再生回数は全部自分が回しています。

あと、MAX FOR LIVEを買いましたので、あるモジュールを10秒ぐらい使っています。


posted by Maron at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

90小節



某デジアナシンセ、3トラックでなんとなく作成。

ドラフト会議はやはり、パンチョ伊藤のアナウンスでないと面白くない。


posted by Maron at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

FantomXRにて



先に上げた曲からいくつかを抜いて、いくつかを足して、少し作り変えました。

サウンドクラウドにつけたのは、3000m級の山のてっぺんあたりで、日の出を待っている写真ですが、そういう感じです。


MACKIE マッキー アナログミキサー ProFX22 国内正規品




MACKIE マッキー プロフェッショナルエフェクト搭載ミキサー ProFX16v2 国内正規品






MACKIE マッキー アナログミキサー ProFX12 国内正規品





posted by Maron at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

MIDIで鳴らす



なんだか再生されてないトラックがいくつかあるけど、またそのうち直してみよう。

(削除して作り変えました→こちら


posted by Maron at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

VOLCAKEYS & M1 & NORDLEAD4



おんなじ素材で少し変えてみたモノ。

に、KORGのM1から更に少しパーカスを足してみました。


posted by Maron at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

自作曲 再アップロード



昨晩アップロードしたものを作り直しました。

TR-909を全部カットして、リズムを入れ直しです。

リズム以外の音はほとんどノードリード4、あとVOLCAKEYSも使っています。


posted by Maron at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

KORG VOLCAKEYS



コルグのVOLCAKEYSを買ったので、適当に鳴らしながら、リズムとパッドを入れてみたもの。
パッドはNORDLEAD4。

3音ポリのシーケンサーその他、色々付きの本物アナログシンセ。
ツマミは小さいけれど、ちょっと動かしただけですごく音が変わってしまうので、ミリ単位でちょうどよい感じを探します。
作った音色はそのままでは保存できないし(MAX FOR LIVEがあれば出来るとのこと)、この辺が面白くない人(音色はプリセットから選んでちょっとだけ変えて終わりたい人)にはきっと面白くない楽器。

でも、いにしえのアナログシンセ好きであれば、音色は一期一会と知っているので、またくみなおすのも楽しい作業でしょう。


KORG volca bass(新品)【送料無料】

価格:14,242円
(2015/7/26 00:18時点)
感想(0件)





KORG volca beats(新品)【送料無料】

価格:14,242円
(2015/7/26 00:19時点)
感想(1件)





KORG volca bass(新品)【送料無料】

価格:14,242円
(2015/7/26 00:19時点)
感想(0件)






posted by Maron at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

IDEA FOUR



前のが明らかにおかしかったので、全体に少し直しました。
殆ど聴こえないものから、うるさいSE的なものは全てNORDLEAD4で、あとはソフト版のM1とMONO/POLYです。
リズムはLIVEのDRUM MACHINEからグリッチ系のキットその他を使用、4/4と7/8をポリリズム的に鳴らして失敗しています。


posted by Maron at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

樺太まで聞こえるかと思ったぜ



少し前にUpした曲をリメイク


posted by Maron at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

MAC MINIは天才



MAC MINIにLIVEを載せて結構経ちますが、抜群の安定感と速度です。
黒い蓋を開けて、横から本体に挿したUSBファンで風を送っているのですが、これだけで雲泥の差です。

本体を冷やす工夫をしなかった頃は、AUDIOプラグインをいくつか挿すだけでLIVEの右上に表示されるCPU使用率がすごく上がってしまい、全く使い物にならないと憤慨していましたが、この箱は、要は冷やせばよいのです。

昔は70%〜90%で動いており、本体も触れないぐらいにアツアツでしたが、今は何をしても10%を超えることすらありません。
私にとってはもうスパコンです。



posted by Maron at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

すげえ長くてごめんなさい



エイブルトンLIVEでループを作って聴いていると、いつの間にか1000小節とか延々と経っていることがあります。
どこで終わらすかを考えないといけないので、まず録ってみて、適当にスロットを入れ替えつつ、最終は横長の方の画面でフェードなどを入れて完成させます。

今回もノードリード4で鳴らした音を一杯サンプリングしているほか、サンプリングCDからそのままという素材もあります。

イントロは元はこれは何なんだろう。
大昔のテレビ番組「90年代論」の終わりの部分なんですが、音楽は藤原ヒロシが担当していましたね。

使っているオーディオインターフェイスはUNIVERSAL AUDIOのアポロTWIN ソロです。
Thunderboltでマックにしかつながりませんが、動作が安定していて非常に良いものです。
RMEのFIREFACEやBABYFACEを買うなら、こっちの方がいいと思います。
今月のサンレコ(エイフェックス・ツインの号)でも特集されていますね。

Universal Audio APOLLO TWIN SOLO 【値上げ前在庫】  【THUNDERBOLTケーブル2mプレゼント】 【プレミアム・プラグイン・プロモキャンペーン対象】【pdj_p5_1020】






Universal Audio APOLLO TWIN DUO 【値上げ前在庫】 【THUNDERBOLTケーブル2mプレゼント】 【プレミアム・プラグイン・プロモキャンペーン対象】【pdj_p5_1020】

価格:102,600円
(2014/11/3 21:22時点)






Universal Audio Apollo DUO / TB2 【プレミアム・プラグイン・プロモキャンペーン対象】【pdj_p5_1020】





posted by Maron at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

一週間



放置していた曲の断片。
リズムを除いて、鳴っている音の全てはレガコレのコルグM1です。
当時売っていたオプションの全カードが選べるので、音色に幅があります。
おすすめはCARD14のSYNTH3です。


posted by Maron at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

ノードリード4



これもリズム以外はすべてノードリード4。
まだやはり全然分かりませんが、(何せマルチティンバーの方法もよく分からない。何故?)、オシレータ1のモジュレーションの効き方がかなり面白いです。モジュレーション系は全般いいと思います。
シーケンスを流しながら同時に複数のパラメータを変えられるのは、ハードシンセならではです。

スクリーンショット 2014-09-07 18.12.18.png

音色ライブラリアン。
本体で音色名は分からないので、これでおよその雰囲気というか、制作者の意図するところをつかむことが出来ます。
パフォーマンスでは、4スロットがレイヤーになったものが多く、タンジェリンドリームのような音が指2本で出来る、タンジェリンクリームというパフォーマンス名のものもあります。


posted by Maron at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

252



ドラム以外は、ほぼNORDLEAD4のみでした。
本体だけだと音色名が分からないので、弾いてみないと何なのかわかりませんが、このシンセはライブラリアンがよく出来ていて、もうPCMカードに保存をしたりということをしなくて済みます。
(本体にもプリセットの300以外に100音色保存可能)


posted by Maron at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

HOOVER系 リメイクテクノ



その昔アップした曲をリメイクして再度アップです。
Roland Fantom XR全開。
このモジュールは本体での音色エディットは不可能に近いインターフェイスですが、プリセットがいいのでずっと売らずに使っています。中古価格も安いので、使い物にならないと思われるかもしれませんが、とんでもない。
音色についてはもうエディットしないと決めればいいと思います。(PCとUSBにつないでの音色エディターは付いているけど、、、どうせそんなことしないでしょ?)
後半ではこれに入っている、αJUNO2のフーバーを使っています。スタブ系やシンセリードにいい音が多いのですが、こんなマニアックな音色が入っているモジュールは他に無いでしょう。

写真 1 (600x450).jpg
膨大なプリセットから音色を選ぶには、ベース、とかフルートとか、カテゴリをロックして行うのがよいです(右下の鍵マーク)


あとは最近入手したクラビアのNORDLEAD4を使っています。
まだよく分かっていませんが、FM変調の音や、MUTATORというパラメータをランダマイズさせて音を作る機能などが面白そうです。変な音ならすぐ作れますね。
A1とどっちがいいでしょうか。

写真 2 (600x450).jpg
この密度がいい。久しぶりにステッカーを貼りたくなるシンセ(売る時困るけど)


Clavia Nord Lead 4(新品)【ソフトケース付き/送料無料】






【中古】Roland ローランド Fantom XR【サウンドトラック】




<BR>
posted by Maron at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

スマートフォン



スマートフォンが無かったころは携帯で、携帯が無かったころは何で時間を潰していたのでしょう。
パソコンもオフコンも無かったオフィスで、当時、人ははどんな仕事をしていたのでしょう。

今日はジムのロッカーで帰りの着替えをしていたら、すぐ横で着替え途中のパンツ1枚の格好でスマホをいじっている若い男がいて、邪魔だなあと思いながら、きっと何か急ぎのメールの返信だろう、と見るともなしに画面をふと見たら、ぷよぷよ系のゲームに夢中になっていて、広くもない更衣室の一角を占領してほんとにバカかと思った。
着替えてから、ロビーで好きなだけやれ。


<BR>
posted by Maron at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

368

先日の曲をやりなおして再アップ



<BR>
posted by Maron at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

2.7



27時間テレビ、ほとんど見れませんでしたが、SMAPの45分ライブは見ました。

で、たまたま使った音色のNoが27番という。


posted by Maron at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする