2014年12月06日

MAC MINIは天才



MAC MINIにLIVEを載せて結構経ちますが、抜群の安定感と速度です。
黒い蓋を開けて、横から本体に挿したUSBファンで風を送っているのですが、これだけで雲泥の差です。

本体を冷やす工夫をしなかった頃は、AUDIOプラグインをいくつか挿すだけでLIVEの右上に表示されるCPU使用率がすごく上がってしまい、全く使い物にならないと憤慨していましたが、この箱は、要は冷やせばよいのです。

昔は70%〜90%で動いており、本体も触れないぐらいにアツアツでしたが、今は何をしても10%を超えることすらありません。
私にとってはもうスパコンです。



posted by Maron at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

すげえ長くてごめんなさい



エイブルトンLIVEでループを作って聴いていると、いつの間にか1000小節とか延々と経っていることがあります。
どこで終わらすかを考えないといけないので、まず録ってみて、適当にスロットを入れ替えつつ、最終は横長の方の画面でフェードなどを入れて完成させます。

今回もノードリード4で鳴らした音を一杯サンプリングしているほか、サンプリングCDからそのままという素材もあります。

イントロは元はこれは何なんだろう。
大昔のテレビ番組「90年代論」の終わりの部分なんですが、音楽は藤原ヒロシが担当していましたね。

使っているオーディオインターフェイスはUNIVERSAL AUDIOのアポロTWIN ソロです。
Thunderboltでマックにしかつながりませんが、動作が安定していて非常に良いものです。
RMEのFIREFACEやBABYFACEを買うなら、こっちの方がいいと思います。
今月のサンレコ(エイフェックス・ツインの号)でも特集されていますね。

Universal Audio APOLLO TWIN SOLO 【値上げ前在庫】  【THUNDERBOLTケーブル2mプレゼント】 【プレミアム・プラグイン・プロモキャンペーン対象】【pdj_p5_1020】






Universal Audio APOLLO TWIN DUO 【値上げ前在庫】 【THUNDERBOLTケーブル2mプレゼント】 【プレミアム・プラグイン・プロモキャンペーン対象】【pdj_p5_1020】

価格:102,600円
(2014/11/3 21:22時点)






Universal Audio Apollo DUO / TB2 【プレミアム・プラグイン・プロモキャンペーン対象】【pdj_p5_1020】





posted by Maron at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

一週間



放置していた曲の断片。
リズムを除いて、鳴っている音の全てはレガコレのコルグM1です。
当時売っていたオプションの全カードが選べるので、音色に幅があります。
おすすめはCARD14のSYNTH3です。


posted by Maron at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

ノードリード4



これもリズム以外はすべてノードリード4。
まだやはり全然分かりませんが、(何せマルチティンバーの方法もよく分からない。何故?)、オシレータ1のモジュレーションの効き方がかなり面白いです。モジュレーション系は全般いいと思います。
シーケンスを流しながら同時に複数のパラメータを変えられるのは、ハードシンセならではです。

スクリーンショット 2014-09-07 18.12.18.png

音色ライブラリアン。
本体で音色名は分からないので、これでおよその雰囲気というか、制作者の意図するところをつかむことが出来ます。
パフォーマンスでは、4スロットがレイヤーになったものが多く、タンジェリンドリームのような音が指2本で出来る、タンジェリンクリームというパフォーマンス名のものもあります。


posted by Maron at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

252



ドラム以外は、ほぼNORDLEAD4のみでした。
本体だけだと音色名が分からないので、弾いてみないと何なのかわかりませんが、このシンセはライブラリアンがよく出来ていて、もうPCMカードに保存をしたりということをしなくて済みます。
(本体にもプリセットの300以外に100音色保存可能)


posted by Maron at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

HOOVER系 リメイクテクノ



その昔アップした曲をリメイクして再度アップです。
Roland Fantom XR全開。
このモジュールは本体での音色エディットは不可能に近いインターフェイスですが、プリセットがいいのでずっと売らずに使っています。中古価格も安いので、使い物にならないと思われるかもしれませんが、とんでもない。
音色についてはもうエディットしないと決めればいいと思います。(PCとUSBにつないでの音色エディターは付いているけど、、、どうせそんなことしないでしょ?)
後半ではこれに入っている、αJUNO2のフーバーを使っています。スタブ系やシンセリードにいい音が多いのですが、こんなマニアックな音色が入っているモジュールは他に無いでしょう。

写真 1 (600x450).jpg
膨大なプリセットから音色を選ぶには、ベース、とかフルートとか、カテゴリをロックして行うのがよいです(右下の鍵マーク)


あとは最近入手したクラビアのNORDLEAD4を使っています。
まだよく分かっていませんが、FM変調の音や、MUTATORというパラメータをランダマイズさせて音を作る機能などが面白そうです。変な音ならすぐ作れますね。
A1とどっちがいいでしょうか。

写真 2 (600x450).jpg
この密度がいい。久しぶりにステッカーを貼りたくなるシンセ(売る時困るけど)


Clavia Nord Lead 4(新品)【ソフトケース付き/送料無料】






【中古】Roland ローランド Fantom XR【サウンドトラック】




<BR>
posted by Maron at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

スマートフォン



スマートフォンが無かったころは携帯で、携帯が無かったころは何で時間を潰していたのでしょう。
パソコンもオフコンも無かったオフィスで、当時、人ははどんな仕事をしていたのでしょう。

今日はジムのロッカーで帰りの着替えをしていたら、すぐ横で着替え途中のパンツ1枚の格好でスマホをいじっている若い男がいて、邪魔だなあと思いながら、きっと何か急ぎのメールの返信だろう、と見るともなしに画面をふと見たら、ぷよぷよ系のゲームに夢中になっていて、広くもない更衣室の一角を占領してほんとにバカかと思った。
着替えてから、ロビーで好きなだけやれ。


<BR>
posted by Maron at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

368

先日の曲をやりなおして再アップ



<BR>
posted by Maron at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

2.7



27時間テレビ、ほとんど見れませんでしたが、SMAPの45分ライブは見ました。

で、たまたま使った音色のNoが27番という。


posted by Maron at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

DX21



DX21をよく使った気がします。
あと、ハイハットは聞こえるまんまM1です。
両者に共通するのはデータ用スライダーが1本あること。
1本で十分。

【新品】APPLE/アップル Mac mini 1TB MD388J/A [2300] (Intel Core i7/2.3GHz/クアッドコア/4GB/1TB/Wi-Fi/Bluetooth/OS X)[代引不可]

価格:85,636円
(2014/7/13 08:02時点)
感想(0件)





posted by Maron at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

QS




MACMINI.jpg

MAC MINIは非常に熱がこもりやすいようで、購入時から縦置きにして、蓋は開けていましたが、最近はこのように、USBのファンを置いています。

裏側にも同じものを付けているのですが、これがすごい効果で、LiveでのCPU使用率も70%超え状態から、なんと5%ぐらいのスイスイ状態に下がります。

筐体の温度も手で持てないぐらいの熱さから、殆ど電源OFFの時と同じくらいに下がるのでお勧めです。


Groovy(グルービー) タイムリー USBファン BIGFAN120U for Men 【5400円以上で送料無料】冷却用 パソコン PC テレビ メディアプレイヤー PC タブレットケース カバー アクセサリー PCパーツ USB機器

価格:1,420円
(2014/6/22 20:58時点)
感想(4件)






●Ableton Live 9 Standard

価格:44,799円
(2014/6/22 20:42時点)
感想(1件)





posted by Maron at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

JACQUES.D



以前アップロードした曲をやり直し。
途中のスポークンは、MACにスピーチさせたものにボコーダーとリピーターのエフェクトを挿しています。

本当は、昔のソフト、smooth talker(未来派野郎のMilan, 1909でも使われているロボ声)をOSX上のエミュレータで動かそうとしていましたが、なんとか起動に成功しても、どうしても喋ってくれず。


posted by Maron at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

THE MAN

<削除して再Upしました>

オーバーハイムのエキスパンダーを動画で見て思わず欲しくなりましたが、買える訳もないので、今回はOBXD SYNTHESIZERというフリーのソフトシンセを使用。

https://obxd.wordpress.com

パッチはバンクであちこちアップされています。
ピッチが上り下がりするストリングスは、これのノブをマウスで操作してLiveに録りました。

あとはSYNTH1とLiveの音源で、ハードシンセはM1の鍵盤以外は無使用でした。
LiveのSamplerって偶然性が高くて意外に面白い。

<BR>
posted by Maron at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

CP




posted by Maron at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

ジムに行く



ジムで5キロのランと、2キロ半のトレッキングマシンのあと、水泳をすると溺れそうになります。
でも先月は1時間で3キロも走れなかったのが、今日は50分で5キロ走れた。

3回目の直しをしましたら、こうなりました。
更にM1率がアップしています。




posted by Maron at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

やり直し


やり直しました右向き三角1こちら

出だしがよくわからなかったので、ところどころ直して再アップ
今回はDX7などのFM系の出番は無し


posted by Maron at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

KORG M1を直す



GWに実家からホコリまみれのKORG M1実機を持ち帰り、バッテリーを交換して使える状態にして、放置していましたが、1曲作ったのでUpします。右向き三角1︎修理?詳細はこちら

曲は再アップしました右向き三角1︎こちら

M1はソフト(レガシーコレクション)でも持っているのですが、実機はやはりフィジカルにスライダーが触れるのと、あとはあちこちに公開されている音色データをSYSEXメッセージで送って鳴らしてみるのが面白いです。

M1で弾いたフレーズをMONO/POLYやMS−20に置き換えたりしつつ、M1実機の音も半分近く残りました。


posted by Maron at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

3連休おわり



といっても、土曜日は朝から15時ごろまで仕事。
しかし金曜日に祝日なんてありがたいことです。

前にUpした曲にKORGのMS-20(ソフト)でベースを入れ、あとベロシティでフィルターが開く音を足しました。

他に使用した機材は
Mac mini(i7 RAM:16G)
Ableton Live 9
KORG MONO/POLY(LEGACY COLLECTION)
Ableton Live's Preset SOUND(TR-909、TR-606、Strings)
ACIDLAB BASSLINE2

Mac MINIは時々、メモリ消費が80%近くまでなることがあります。
EDIROLのUA-25をオーディオIFに使用していますが、MacBook(MID 2006?)の時はこんなことはなかったので、相性が悪いのかと思います。
音はぶっつんぶっつん切れますが、後で聴くと録音はノイズもなく出来ています。
それか、もしかしたら16Gのメモリがダメなのか?

FireFaceは処分してしまったので、ZOOMのTAC-2みたいなのが欲しい。


posted by Maron at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

FM-GTその2



タイトルに意味はありません。

同じリズムのデータで、もう一つ録ってみました。

AbletonLIVEは縦画面でいくつも没ループを貯めていけるので、またあとで組み合わせを変えることで、没クリップから復活ってのが簡単にできますね。

ipad用のコルグのガジェットを買うかどうかちょっと迷っていますが、どうなんだろう。



posted by Maron at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタブ系テクノ



主に使ったのはliveのsimpler
ここに、サンプリングCDやネット購入ネタを仕込んでます
ちなみに今のマスターキーボードはDX-7sです

マックはMacBookProを処分し(金属アレルギーではないのですが、筐体が冷たくて、手を置いた感じが何か駄目でした)、Mac mini(i7)モデルに替えました。

ディスプレイはWindowsで使っているLGのモニタにHDMI端子が付いていたので、SOURCEボタンの切り替えで簡単に共用しています。

最初はWin機とDVI出力を切り替えるような分配機(結構高い)を買わないといけないと思い込んでいたので、HDMI入力があることに気付いてラッキーでした。
22インチで見るliveの画面は13インチとは比べものにならない広さです

曲は某バンドのFMライブ音源の時報からスタートです

<BR>
posted by Maron at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする