2012年08月03日

テノリオン2曲目



テノリオン2曲目。

といっても、手元では電源ONのたびに新しい曲は出来てしまうので、何曲目か分かりません。

これは手元でトランスポーズさせたものを何パターンかエイブルトンLIVEに録って、つないでいます。

淡々と繰り返すシーケンスですが、やはり独特のノリがあるような気がします。

ハネてるのかどうか分析してませんが、何かちょっとイーブンじゃない感じ。








posted by Maron at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

TENORIーON



以前から欲しいと薄々思いながら、ほったらかしにしていたTENORIーONを中古で購入。

廉価版のオレンジですが、まあ誰相手にパフォーマンスするわけでもないので、これでいいでしょう。

まだ、触って1時間も経ちませんが、音はちょっと前のコーネリアスな感じにどうやってもなります。

演奏モードがシーケンサーだけでなくて、6種類もあるとは知らなかったのですが、変なループがすぐに作れるバウンスモードがなかなか面白い。

この曲は適当に作ったループに適当にACIDLABのBASSLINE2を入れ、更に適当なドラムを入れたもの。








ジム・オルーク氏とテノリオン



posted by Maron at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

昔の曲を



過去のエントリーを聴いていたら、この後半はいいのではと思った曲があったので、再Up。
2008年の11月でした。

X3Rを使ったと書いていますが、確かに今もデスクの一角を占拠しています。
バックライトが切れているので、液晶が見にくくて殆ど使っていませんが、いい音が詰まっていることは知っています。


posted by Maron at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

ミニマルテクノの作り方・続 その3



これもインダストリアル系のループ。サンプリングネタから。
フランジャーをかけているだけで、そのままです。




シンセ音のループですが、そのままだとうるさいので、使わない部分のボリュームはカットして、短音にしています。
ピッチも上げてあるので、元のループとはかけ離れています。

こういうことが瞬間的に試せるのがAbletonLiveの優れた点で、昔のS1000とかだと、かなりしんどいというか、殆ど無理な処理でした。VP-9000とかでやっと出来るのかな。
電気グル―ヴの歌詞にも出て来た”S1100”、これさえあれば、不可能なことは無いと焦がれていた頃が懐かしい。
「S1100でストライプのシャツとフランスギャルを吊るし上げろ!」



606系のHATループです。バックグラウンドに高音のノイズが欲しいときは909系のRideやこういうのを薄く流すとよいようです。
鳴っている間はあまり意識しませんが、こういうのが鳴りやむ瞬間は目立つので、そこに何をしかけるかがポイント。



posted by Maron at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

ミニマルテクノの作り方・続 その2



これはKICKですが、聴こえるかどうかの音量で、隙間に909のCLAPをつぶした音を混ぜています。
Liveはグルーブプールからテンプレートを呼び出して、独自のノリを適用出来ますが、これには「RootsDown」という、プリセットのグルーブをはめています。

毎回、色々試した結果で決めるので、別にこれが良いということではありませんし、適用後に音量をさらにいじったりします。



ACIDLABのBASSLINE2の8ステップのシーケンスです。
これは曲の間、Cutoffやレゾナンス、モジュレーションを手で変更させています。

モジュレーションをフルにし、カットオフを開くと、本体だけでコーラスっぽい効果が出て、面白いです。
AutoFilterとOverDriveのエフェクトを挿しています。




これは909系のハットです。
ディストーションとリミッターで汚しています。
これをリサンプルしたものを使ってみたのですが、ノリが無くなった気がして、リアルタイムに鳴らしています。



ヘンテコなインダストリアル系? 音ループです。
こういうサンプルはどこにも沢山あります。よく使うサンプリングCDは決まってきますね。

作るのもそんなに手間ではないと思いますが、今回はサンプルにLiveのElectronica1のエフェクトを挿して、ピッチエンべローブも書き換えて、少し複雑なイメージにしています。





Ableton / Live 8

何はなくともLiveは必要です。
しかしこの機能で4万半とは安くなりましたね。


posted by Maron at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

ミニマルテクノの作り方・続

先日の曲でのBASSLINEの打ち込みは8ステップです。

G G F F F A F D (音程)
2 2 1 1 0 0 1 1 (オクターブ 数字はいくつ上か下かを指す。)
- + + + / / + + (オクターブ+/− 上の数字だけ上げ下げ)
/ / A A / / A / (アクセント)
/ / S / / / / / (スライド)

TBやBASSLINE、X0XB0Xを持っておられる方は上のまま打ち込むと、恐らくああなります。
これを普通にシーケンサーに打ち込んで、ベース音源で鳴らしても、多分ああいう風にビヨビヨ、ビキビキとならないのが、TBのTBたる由縁でありましょう。

こういうフレーズを集めたサイトも、少し古いですが、有名です。

ミニマルテクノとしては、準備しておいた音の素材を抜き差しで構成していくことになりますが、あの曲では909のオープンハットをノイジーにエフェクトをかけて鳴らしたものが、もうひとつのキーになります。

キックの音は実は失敗していますが、差し替えるのも面倒なのでそのままにしました。

以前似たことをやりましたが、何度かに分けてサンプルを載せてみたいと思います。

その2はこちら


posted by Maron at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

ACIDLAB BASSLINE2 その5



ACIDLAB BASSLINE2での、その5。

DRUM MACHINEは使わず、ハードはBASSLINEのみで、あとは全部Liveのインストルメント(SIMPLER)とドラムキットです。

ちょっと思い浮かべたのは昔のSURGEONでした。




Dave Smith Instruments Mopho

同じくベース音源ということで、価格改定により安くなったモフォ。

2基のアナログVCOとアナログフィルターで結構いい音がします。

シーケンサーも内蔵しており、これ単体で鳴らすことも出来ます。




本日の日経夕刊文化面は、小沢健二のライブほか、蘇る渋谷系の記事があって面白かったです。

なんかフリッパーズ再結成?! のようなWeb記事もあったりしましたが、それは無理だろう。

というか当時のファンで、そんなことを一体誰が望んでいるのか?

渋谷系といえば、ピチカートファイブは野宮真貴が入ってから、全部同じ曲に聞こえて嫌いでした。

「カメラ=万年筆」ってしかし本当に視聴できるところが無いんですね。


posted by Maron at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

BASSLINE sono4



その3を少し修正しました。

ACIDLABはTB-303を模したBASSLINEともう一つ、TR-808の回路を再現したMIAMIというリズムマシンも作っています。

BASSLINEはFIVE Gでも基本取り寄せですが、MIAMIはどこも在庫があって買えちゃうんですね。

この値段なら中古の808も買える気がしますが、サビサビの汚い個体が多いので、MIDIも使えるMIAMI、いいんじゃないでしょうか。









MUKASHINO_KODOMO.jpg

以前どこかで拾った画像。

いつ、どこで誰が取ったアンケートか分からないのですが、もし今、近所の小中学校でやってもたいして変わらない結果のような気がします。

「昔」がどれぐらい過去を想定しているか不明ですが、まさに、ほっとけボケの世界。

キサマらに同情される言われは無い。

インターネットが中学生の頃に無くて良かったと、心から思う昭和4x年生まれの私です。

高校生ぐらいの時にはパソコン通信とかやってる人もいましたが、所詮は一部のマニアの趣味でしかなく、大半はそんな世界に無関心で、Googleみたいなものがスタンダードになった時代、逆に今の子供はしんどいよなと、少し気の毒にも思う。

知識や情報は無料でいくらでも手にいれることが出来るけれど、圧倒的に量が飽和しているから、”欲しいものが欲しい”じゃないけど、”知りたいことが知りたい”状況が生まれているんじゃないか。

それは多かれ少なかれ大人の世界でもそうで、いくらでも「知ったかぶり」が出来るから、どんなに不勉強でも一晩あれば、ある程度のハッタリをかませるレベルの知識はどんな分野でも得ることが可能で、何というか、便利過ぎる反面で差が付きにくいというか、均質な、面白みの薄い世界になってしまった。

今、土曜日に授業が無いとは知らなかったのですが、土曜の午前半日って、好きでしたけどね。

給食は別にまずくはなかったけど、今はそんなに美味しいわけ?


posted by Maron at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

BASSLINE sono3



その3です。

シンセパッドはソフトのKORG M1を久しぶりに起動して使いました。

BASSLINEのパターンは最初から入っていたもので、きっと前のオーナーが残していたものでしょう。

その他、2パターンを入れていますが、殆どそれと聞こえないかもしれません。

もう少し引きと足しをしてみたいですがとりあえず。


posted by Maron at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

ACIDLAB BASSLINE2



昨日に続き、BASSLINE2での曲。

マシンドラムを聴きながら、ABLETON LIVEにCUTOFFやレゾナンスのつまみをいじくりながら録り、あとでリズムを録って重ねただけです。

BASSLINE2ってシルバーの筐体で、何となくずっしり重いのかなと思っていたのですが、意外に軽くて驚きました。
本物なんてスカスカのプラ筐体で軽いですからね。
いや、昔、展示品を触っただけですが。

ヨコタススムが昔サンプリングCDを出して、それすら買えませんでしたが、この20年、結局10万円を切ることは無かったなあ。
音は本家と比べてどうなのか、色々意見はあるでしょうが、私は遜色ないんじゃないかと思います。

X0XB0Xよりは安心感がある感じがしますが(私はあんな工作出来ないので)、どんなもんでしょうか。


posted by Maron at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

TB-303 いいえ、ACIDLABです



こだまでしょうか? いいえ誰でも。

はい、ということで、ACIDLAB BASSLINEとELEKTORON MACHINEDRUMを使っての曲です。

何ヶ月ぶりか分かりませんが、自作曲です。

ヘッドフォンでビキビキとしたベースラインを聴いていると、ナチュラルに酔います。

とまあ、こんなところで。





ACIDLAB BASSLINE3

価格改定で10万円を切りました。

旧価格で売っているところには注意しましょう。

といっても、いずれにせよどこも取り寄せなので多少待つんじゃないでしょうか。

ちなみに私のは2で、いわゆる外部MIDI音源として使ったりは出来ませんが、TB303もこのBASSLINEも内蔵のシーケンサーが味なんだろうと思います。

posted by Maron at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

GULTDEP



全く音楽をしない日々が続いていますが、昔ニコニコ動画にアップした曲の再生数がやっと500を超えたので、再アップ。

ハードはKORGのMONO/POLYで、あとは全部、KORGのレガシーコレクションというソフトシンセ。

DAWはABLETON LIVEです。



posted by Maron at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

ギター購入

2011-12-22+22.37.07.jpg

ちょっと前にMACHINE DRUM(UW MK2 +DRIVE付き)を買ったのですが、今日、思うところありギターを買いました。

ギター初体験者用の激安セットです。

付属のチューナーでチューニングを合わせ(合ってるのかすら不明)、なんとなくAbleton Liveに録ってみたのがこれだ。





リズムは半分がLiveの音源で半分がMACHINE DRUMですが、メトロノームでしかないので、まあどうでもよくて、それ以外の音、3トラックがギター。

しかしギター、この年で初めて触りましたよ。

弦をこすったり叩いたりすると変な音が出て、すげえ楽しいですね。

弾く強さによっても全然違うニュアンスになるし、音を均一にするのが難しい。

エフェクタ―とか買いだすと、また弾けなくてダメになるんだろうな。

ちゃんと練習したい。





これなんて、アンプもVOXだしマルチエフェクターもついていて、当分何も買わなくて練習に励めそうです。


posted by Maron at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

MACHINEDRUMにて その5



昨日の曲がいまいちなんだかよく分からないものだったので、作り替えました。
といっても元の音は一つしか残っていませんが。
posted by Maron at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

MACHINEDRUMにて



SEESAAブログ様にファイルマネージャの容量を増やしてもらえました。
何度目でしょうか。ありがとうございます。

さてMAC上で6曲目、ここでは4曲目のELEKTRON MACHINEDRUMによる楽曲。
今回は海外のユーザーサイトからダウンロードしたKITを使ってLOOPを組んでみました。
ありそうで見つけられていませんが、どこかに色々なKITのSYSXが眠っている場所があるのでしょうか?

このMACHINEDRUMはUWの場合、TM-1というTURBO MIDIインターフェイスがないと転送が遅くて話になりませんのでご注意を。

WAVをMIDIで送ると分かりますが、全然、転送速度が違います。
USB端子があるんだからUSB経由で送れればいいのですが、C6という転送ソフトでMIDI経由でデータを送るようになっています。

posted by Maron at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

elektron(エレクトロン) Machinedrum SPS-1 UW + Drive



先日アップロードした曲をやり直しで再アップ。







elektron(エレクトロン) Machinedrum SPS-1 UW + Drive


これを膝の上に置いて延々パラメータを触っています。


posted by Maron at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

MACHINE DRUM3



ELEKTRON MACHINE DRUMでの3曲目。

リアルタイムにパラメータをひねったものを、LIVEにベッタリ録ってそのままです。

ミニマルなシンセフレーズはソフトのMS-20とNexusを5パート重ねています。


マスターにマスタリング用のCHAINを入れて、その後ろにDJ MASTER CHANNELをこれまたプリセットで挿し、

ON、OFFとフィルタの開け閉めをパッドで一発録りで終わり。

マシンドラムはちょっとシンセサイズのつまみを触るだけで、劇的に音が変わりますので、ヘッドフォンで聴きながら鳴らすと一層面白い楽器です。

OSのバージョンも先日Upしたようです。


posted by Maron at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

ELEKTRON マシンドラム



マシンドラムでもう一曲。1時間で完了。
あんまりよく分かっていないんですが、いい音です。



Machinedrum SPS-1 UW MkU + Drive


posted by Maron at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AbletonLive+MD



昔の素材を使ってLiveで再構築。
終わりそうで終わらず、なんとなく8分超えてしまいました。
後半は同期ものからライブにクリップを増やして録ったりしてます。
ハードで使ったのはMachineDrumとFANTOM XR。

posted by Maron at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

PALADISE LOST


パラダイスロスト

坂本龍一の南国幻想曲をTRAKTORでリアルタイムにリミックス。
TRAKTOR + KORG KP2は楽しい。






posted by Maron at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする