2010年10月19日

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集 1997-2009

DSC002930001.JPG
NEX-5+SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


”今のメディアを見ていると、何か悪口ばかりじゃないですか。でも、そういうものというのは、人びとの心を淋しく虚しくしていくだけだろうという感じがしてならない。ネガティヴなことを言ったり書いたりしているのは、簡単だし一見頭がよさそうに見える。実際、今のマスメディアでもてはやされているのは、それに適した頭のよさだったりする傾向があるけれど、僕はやっぱりそろそろ新しい価値観を作るべき時期だと思うんです。”

「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集 1997-2009」(聞き手 島森路子・1999)

posted by Maron at 22:08| Comment(0) | TrackBack(1) | NEX-5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

NEX-5+SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS

NEX-5を携えて、二度目のとのみね(砥峰)高原へ。

今回は峰山高原ホテル リラクシアに泊りです。

DSC001500001.JPG
写真は全てNEX-5+SONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSS

外で本格的に使うNEX-5とSONY E 18-55mm F3.5-5.6 OSSの組み合わせは、なかなか良好でした。

IXYなどのコンデジとは全く異質の感触で、気持ち良いシャッター音とともにサクサク撮れるし、パノラマ撮影は楽しいし、やっぱり面白いカメラです。

途中、嫁に渡して好きに撮っていましたが、女性にも良く似合います。

DSC001860001.JPG

私はD200+レンズバッグ(4本入)とNEXの両方を持って、高原の遊歩道を回り切ったので、交流館に戻った時にはちょっとした放心状態になりましたが・・

DSC002130001.JPG

NEXのデメリットといえば、やはり液晶でのフレーミングでしょうね。
逆光気味に撮る場合など特に、何が枠に入っているか、液晶画面ではよく分かりません。
撮って、手元で再生してOKかどうかジャッジ(面倒になるとこれはパスして、適当にずらして撮っておく)、という感じ。
あとは意外に、E 16mm F2.8が面白くない、というか、まあいたって普通なレンズだということです。


DSC002710001.JPG


18-55mmはレンズがやや出っ張るのですが、絵的にはこちらが面白く、16mmは今回のような風景だと、そんなに広角! って感じの結果は出ず、思ったより面白みに欠けるなあという印象でした。
これはフィッシュアイコンバーターVLC-ECF1や、ワイドコンバーターなどを付ける前提で持つべきでしょうね。

心配していたバッテリーは、2日間でJPEGと一部RAW、ビデオなど400枚ほどを撮ってもまだ余裕でした。
充電出来る環境に泊るなら、予備バッテリーはいらないと思いますが、大容量メモリでもっと撮る方はもちろん持って置くに越したことはありません。

DSC002410001.JPG

今回泊ったリラクシアさんは、こじんまりと上品な感じにまとまった、なかなか良いホテルです。
温泉がそんなに熱くないので、露天風呂に長く浸かれ、とても爽快でした。

村上春樹の本をフロントで貸してくれるので、私は「ノルウェイの森」を借り、下巻を寝ながら読みました。
たまに文庫を1ページだけとか、開く時もありますが、まとまって読むのは20年ぶりぐらいです。




ソニー α NEX-5D ダブルレンズキット シルバー《デジカメオンライン》 価格66,000円 (税込) 送料込は楽天最安!
posted by Maron at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | NEX-5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

SONY NEX-5 18-55mm

SL-1200MK30001.JPG

マイSL-1200をSONY NEX-5 18-55mmにてRAW撮影

D700やD200を使っていて嫌だったのは、持って行った先にいちいち馴染まない、その異様さでした。
何かカメラ本体の醸す本気っぽいモードが、たいていの場にそぐわないというか、何よコイツってな感じ。
そもそも物体として重いし、そのうちだんだんと持ち出す機会も減る一方。

あらかじめそういう予感がする近親のチョイ撮り、あるいは学会のスライド撮りの時はIXY3000を持っていきますが、あとで後悔することも多く、どうにかならんか、という時に琴線に触れたのがNEX-5でした。
出たばかりのα55がとても評判が良くて、実機の感触もいいだけに少しまよいましたが、いや、これ買ったら結局一緒のことになるだろ! ということでボツ。 

NEX-5、軽いし良く写るしで、ほんといいです。
近所に買い物に行く時も気軽に肩にかけて持ち出せ、シルバーなのも相まって、日常使いに違和感なし。

ちょっといいブログ見つけたのでリンク貼っときます。→こちら
「α写真路の話」にNEXの記事が沢山あります。

ライカのオールドレンズをマウントしてみるシリーズなど面白かったですよ。




NEX-5D ダブルレンズキット シルバー + その他要るもの一通りセット


posted by Maron at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | NEX-5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

マウントアダプター『LA-EA1』でNEX-5もAレンズAF可能に

NEX-5はSONYのEマウントというタイプのレンズで、これまで発売されてきたアルファシリーズ向けのAマウントはそのままでは装着できません。

なので、マウントアダプター『LA-EA1』というものを介して使うことになるのですが、残念なのはAF対応していないこと。
つまりピントは手で合わせるしかない。

んが、この10月中旬予定のファームアップデートで、ようやくAF対応になるのだそうです。

記事はこちら





ソニー マウントアダプター LA-EA1


いや、今日知りましたが目出度いですね。

Vario-Sonnar(バリオゾナー)ってどんなんだろうって興味ありつつも所詮買えねえな、と思っていた矢先に、一気に親密感が・・・。


posted by Maron at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | NEX-5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

SONY NEX-5

D700+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの組み合わせは、私にとって最強だったはずなのですが、いざ揃えて撮ってみても、昔D200で撮った写真を初めてディスプレイした時の感動はありませんでした。
いやそもそも、ちょっとそこまでお出かけ、で持ち出す気にならない。

ということで、あえて両者を手放し、少し前から考えていたSONYのNEX-5を購入。
女子にも人気のデジ一ですが、コレほんとお勧め。

MARON09.jpg

非常に軽くて薄いデジタル一眼で、ピント合焦もスムーズで撮影フィーリングも良好。
いや、静止画だけでなく、フルHDのビデオやパノラマ写真の撮っていて面白いこと。
たった数年でこの進歩って、すげえな。

18‐55のズームリングをいじりながら、ファインダーを覗かないのにしばらく慣れませんが、まあそのうち何とかなるだろう。

リース.jpg

NIKONの前はオリンパスだったので、当然対抗機種の「ペン E-P1」等も検討しましたが、フォーカスが遅くて使えないと思いました。
シャッター半押し → イチ、二、で ”ピッ” という感じ。

D200は手元に残っているので、70−300VRと組み合わせて、当分2台でやってみます。
DXフォーマット450mm相当ってのは結構侮れないのです。

NEX-5の絵もすっきりしていて好きですが、私はこのコッテリ感も好みです。




NEX-5D ダブルレンズキット シルバー

買うなら断然、ダブルレンズキット。出たばかりの18-200は高過ぎるし、当分要らない。
色は黒とシルバーお好みで。
(私はシルバーにしました)




NEX-5D ダブルレンズキット シルバー + その他要るもの一通りセット

レンズガードはフードと干渉しそうだし、NEXの場合、無い方が潔い気がします。

posted by Maron at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | NEX-5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする