2018年04月26日

すもももももももものうち



BandCampにアカウントを作りました。
こちら

SoundCloudから削ったり、残り時間の関係でアップできない音源をあげてみます。



posted by Maron at 21:14| Comment(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

Aire Candy Drop(Image Cover)



Plogueのchipsoundsを買ったので、いろいろ使いました。
Windowsは選び放題ですが、Macの場合、無料のCHIPTUNEシンセでいいのがあんまり無い気がする。
あとはMassive、SerumとContourというシンセを鳴らしています。

真ん中あたりでならしているふわふわ声は、ミクに歌わせたものをサンプリング。

原曲はもっとふわっとしていて隙間を生かしたグルーブがあるし、ドラムの”つんのめった感”が出せていないので、また次考えよう。


posted by Maron at 13:57| Comment(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

Cherry



CubaseのLoopMash2を使ってみました。
あと、Cubaseではドラムはリズム音源を鳴らすより、オーディオファイルを直で並べたほうがエディットしやすい。
Liveだとプリセットのドラム音源の方がいい音がする気がします。
posted by Maron at 20:38| Comment(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

ZEKK SUGER PLUM



む、むずかしい。。
しかし、Cubaseがだんだん嫌じゃなくなってきた。
次はがんばろうと思います。
posted by Maron at 23:05| Comment(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

Hello Capsule



Capsuleの小名曲カバー。
Cubaseで作り始め、Liveで終わらせました。
MIKUは英語ライブラリーを使用。

Liveのオーディオ−MIDIのシームレス感は、Cubaseでは得られないものです。
Cubaseはいまだに長いWAVをテンポに追従させる方法がよく分からない。

LiveだとD&Dで一瞬でWAVがワープするので、テンポを変えても絶対にずれない。
LIVEだとどんなWAVもハーモニーでMIDI変換でき、手順も右クリックひとつで終わるけど、Cubaseのバリーディオは基本ボーカルの音程修正目的なので、単音変換しかできないし、手順もまだるっこしい。

が音はCubaseの方がいいかもしれない。


posted by Maron at 20:37| Comment(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

Private Session



Cubaseでの2曲目。
Ableton Liveではなかなか出来ないことが出来る(途中のピアノのブリッジあたり、Liveでは打ち込めない気がする)反面、Liveで3秒で終わることがCubaseではどうやるのか分からない。

オーディオのルーティングとか、VSTIのオーディオ化とか(インプレイス・レンダリングは
出来ますが)、たとえば、マスターアウトのリサンプリングとか、Cubaseだと方法がよく分からない。

それはさておき、Ableton Live10が発売されて、バージョンアップをどうしようか考えていますが
Cubaseも9.5が出ているんですね。

両方とも9(CubaseはArtist版を使用)で十分かもしれませんが、CubaseはProとそれ以外の差がでかすぎて迷う。
Variオーディオ機能なんか、どのバージョンにも標準で付けておいてほしい。


posted by Maron at 23:21| Comment(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

Under The Sun



AtamiのUnder The Sunカバー(?)
初めてCubaseで作り、特にコードパッドの機能を使ってみましたが、あんまりよく分からないので
結局手で入れています。

オートメーションでボリュームを書くと、何故かトラックごとミュートされてしまったり、トラックの区別が全然
付かなかったりと、Liveに比べると、数段難しいですが、もう少しやってみます。




posted by Maron at 02:37| Comment(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

つけまつける(初音ミク)



Piapro studioに歌詞を打ち込んで分かったけど、いい曲だね。


posted by Maron at 09:35| Comment(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

piapro studioでの初音ミク






初めてpiapro studioを試用してみて、初音ミクがかなり使いやすいことが分かったので、V4Xを導入。
今まで、ミクは、(同じYAMAHA取り扱いのCubase以外の場合)、まず完全にオケを作ってから、別にエディターを使って歌を作ると思っていましたが、piaproを使うと他のDAWでもCubaseのように、バックを鳴らしながら書いていけるので、ほとんどAUに近い感覚です。

といっても、歌詞はなかなか打ち込んだとおりには発音してくれないので、音符を割ったり、発音記号をマニュアルをみながら書き換えたりで、使いこなすのは相当難しそう。

とりあえず、よくあるYMOカバーのミク版。
Behind The Maskではどうも「Inner」という単語を発音してくれないので、むりやりやって、失敗している。

イラストはPiaproに投稿されたものを、作者の月蔵様に許諾を頂いての使用です。
これはお上手です。


posted by Maron at 01:44| Comment(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

Acid SimSTIM



サウンドクラウドは、最初のアカウントが時間いっぱいになったので、2つ目のアカウントを作成しました。

classic sound design +++ remembers me on very old mills tracks +++

と、ほぼ唯一、よくサウンドクラウド上にコメントをくれるドイツのsmoodさんが書いてくれましたが、まさに
Axis時代のJeff Millsのイメージして作成したトラックです。

ベースは普通のX0XB0X(BA662チップでない)をリアルタイムにTweakしたものをLiveに録音し、パッドはUVIのソフトシンセを乗せたのみ。
ドラムはJOMOXのAirBaseを使おうと思いながら電源を入れるに至らず、Liveのドラムマシンの何かで、一部をLofiにしました。

で、時間をおいて聴きなおすとだいたいはおかしいので、ミックスダウン後に一晩置き、翌日に一部足し引きし、短く仕上げました。

Jeff MillsのDVDを観ると、一曲仕上げたら続きから、ほとんど何も考えずに、次の曲を作成しているので、Liveにしても、前の続きからまた違うフレーズを入れていくと、いくらでも作れる気がします。

今は、10年ぐらい昔のDTMマガジンを読みながら、中田ヤスタカ風の音を作れないか模索中という、10年〜20年ぐらいズレたことをしています。


posted by Maron at 22:30| Comment(0) | MacBook・自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。